[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

378億円男レンドンまた離脱濃厚か 悔しさ爆発「イライラ、怒り、狂気…」患部の状態も告白

米大リーグ・エンゼルスのアンソニー・レンドン内野手が20日(日本時間21日)、敵地レッズ戦で負傷交代した。初回の内野安打で一塁に到達する際にハムストリングを痛めた。試合後は患部の状態について「あまり良くない」と語り、離脱の可能性が高まった。

エンゼルスのアンソニー・レンドン【写真:ロイター】
エンゼルスのアンソニー・レンドン【写真:ロイター】

レッズ戦の走塁で負傷

 米大リーグ・エンゼルスのアンソニー・レンドン内野手が20日(日本時間21日)、敵地レッズ戦で負傷交代した。初回の内野安打で一塁に到達する際にハムストリングを痛めた。試合後は患部の状態について「あまり良くない」と語り、離脱の可能性が高まった。


【注目】女性アスリートに必要な「栄養と食事」とは? バドミントン松友美佐紀選手と考える、姉妹サイトW-ANS ACADEMY主催の無料イベントを6月16日に開催 詳細はこちら

 初回先頭。レンドンは三遊間へのゴロを放って激走した。遊撃手の送球が逸れて内野安打。しかし、この時に足を痛め、足を引きずりながら交代した。米メディアによると、左太もも裏の故障という。

 MLB公式のエンゼルス番レット・ボリンジャー記者のXによると、試合後、レンドンは患部の状態について「あまり良くない」と話したといい、再び離脱する可能性も高い。「フラストレーション、怒り、狂気。形容詞ならどれでも」と心情を表現し、悔しさ爆発させた。米カリフォルニア州地元局「バリー・スポーツ・ウェスト」のレポーターのエリカ・ウェストン氏のXによると、同僚のパトリック・サンドバル投手は、レンドンの悲劇に「心が張り裂けそう」と胸を痛めたという。

 レンドンは2019年オフにナショナルズからFAに。エンゼルスと7年総額2億4500万ドル(約378億円)の巨大契約を結び、今季が5年目。毎年のように故障に泣き、エンゼルスでの最多出場は2021年の58試合。昨季も43試合で打率.236、2本塁打に終わり、米メディアなどから「不良債権」と揶揄されていた。

 今季開幕前には「野球は最優先事項ではない」「これは仕事だ」と語ったことが賛否を呼ぶことに。開幕から主に1番起用されたが、4月上旬までは1割を切る低打率に悩まされた。この日の内野安打で今季75打数20安打、打率.267。本塁打0、打点3に留まっている。

(THE ANSWER編集部)


W-ANS


W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
UNIVAS
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集