[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

イチロー、渡米時の“貯金額”にネット騒然「やっぱすげ~わ」 日本最高給で「生きたお金の使い方」

米大リーグ・マリナーズ会長付特別補佐兼インストラクターのイチロー氏が、SMBC日興証券株式会社のYouTubeチャンネルに出演し、自己投資の重要性を強調した。中でも話題を呼んでいるのが、メジャー移籍時の貯金額。「凄すぎる」「一片の迷いなし」などとX上のファンも騒然となっていた。

イチロー氏【写真:ロイター】
イチロー氏【写真:ロイター】

自己投資の重要性も強調「考えて欲しい」

 米大リーグ・マリナーズ会長付特別補佐兼インストラクターのイチロー氏が、SMBC日興証券株式会社のYouTubeチャンネルに出演し、自己投資の重要性を強調した。中でも話題を呼んでいるのが、メジャー移籍時の貯金額。「凄すぎる」「一片の迷いなし」などとX上のファンも騒然となっていた。


【注目】女性アスリートに必要な「栄養と食事」とは? バドミントン松友美佐紀選手と考える、姉妹サイトW-ANS ACADEMY主催の無料イベントを6月16日に開催 詳細はこちら

 同チャンネルの企画「おしえて! イチロー先生! リターンズ」で公開された動画内。イチロー氏はマリナーズに移籍した01年当時の貯金額について「僕が日本でプレーしていた時、当時、日本の選手の中では給料が一番高かったんです。それ、アメリカに行くとき、ゼロですからね。本当の話ですよこれ」と驚きの事実を打ち明けた。

 参加者も目を丸くしたエピソード。続けてイチロー氏は「僕はもうアメリカで絶対やらなきゃいけなかったんですよ。アメリカで結果が出せない=僕の人生はもう、ないも同然です」と覚悟しての渡米だったと打ち明けている。

 この話はX上の日本ファンにも衝撃を与え「アメリカに渡った時の貯金額が0なんて凄すぎる」「夢に投資」「振り切ってる すごい」「やっぱすげ~わー。一片の迷いなし」「結果、この自己投資で何倍も稼ぎましたからね」「結果出したからこそ流石」「それこそ生きたお金の使い方」などと反響が集まっていた。

 イチロー氏は「自己投資が重要だと思うが、貯金ってする意味あるんですか?」との質問に対し、「自己投資はすごく大事なこと」とコメント。ドラフト指名された日本の選手が契約金の使い道として「貯金」を選ぶことについて触れ、こうも語っている。

「自分が一流の選手になるために、何にお金を使うか、考えて欲しいわけですよ。例えば、家を選ぶとき。シアトルからニューヨークにトレードになりました。僕は家の中でトレーニングできないと嫌なので、マシンを最低5台置かなきゃいけない。そんなスペースをニューヨークで探すのって大変なんです。月々の額もとんでもない。信じられない額だけど、でもそれは自分への投資だから、思いっきり使うんですね」

 米経済ニュース専門局「CNBC」によると、イチロー氏がヤンキースに移籍した2012年当時、米国内で「収入に対して最も家賃比率が高い街」1位だったという。それでもイチロー氏は自己投資のために出し惜しみしなかったそうだ。

(THE ANSWER編集部)


W-ANS


W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
UNIVAS
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集