[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

山本由伸、敵打者も“確信”の見逃し三振に米興奮 「えげつない145kmのスプリット」

米大リーグ・ドジャースの山本由伸投手は19日(日本時間20日)、今季2勝目をかけて本拠地メッツ戦に先発。初回に相手打者も“確信”した見逃し三振を奪った。米投球分析家は「えげつない時速90マイルのスプリット」と興奮気味に紹介している。

ドジャースの山本由伸【写真:ロイター】
ドジャースの山本由伸【写真:ロイター】

山本由伸が先発

 米大リーグ・ドジャースの山本由伸投手は19日(日本時間20日)、今季2勝目をかけて本拠地メッツ戦に先発。初回に相手打者も“確信”した見逃し三振を奪った。米投球分析家は「えげつない時速90マイルのスプリット」と興奮気味に紹介している。


【注目】“くいこみ”問題やズレ、ムレ、モレの悩みを軽減! 大学生アスリート6人がCW-X「スポーツ専用ショーツ」を試してみました(W-ANS ACADEMYへ)

 丁寧にコースをつく一球だった。初回2死走者なし。山本は左打者のフランシスコ・リンドアを2球で追い込んだ。3球目は145キロのスプリット。見逃し三振だ。リンドアは球審がコールする前に見逃し三振を確信したように振り返り、ベンチへ。バッテリーもドジャースベンチへ向かった。

「ピッチング・ニンジャ」の愛称で知られる米投球分析家のロブ・フリードマン氏は、Xに動画を公開。「ヨシノブ・ヤマモトのえげつない時速90マイル(約145キロ)のスプリット」と伝えた。

 しかし、2回はD.J.スチュワートの右中間ソロや味方の失策などで2失点。2回までに5三振を奪ったが、0-2とリードを許した。

(THE ANSWER編集部)

1 2
W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
UNIVAS
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集