[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

渡邊雄太が来季日本でプレー明言 NBA6季目終了「バスケを純粋に楽しみたい」「20代は苦労したので」

NBAで6季目のシーズンを終えたグリズリーズの渡邊雄太が20日、自身のSNSで来季は日本でプレーすることを明かした。インスタグラムで生配信。「2つの大きな理由」とし、「バスケットを純粋に楽しみたい」「20代は苦労したので、これからは自分のやりたいバスケットをしたい」と明かした。

渡邊雄太【写真:Getty Images】
渡邊雄太【写真:Getty Images】

渡邊雄太がインスタライブでコメント

 NBAで6季目のシーズンを終えたグリズリーズの渡邊雄太が20日、自身のSNSで来季は日本でプレーすることを明かした。インスタグラムで生配信。「2つの大きな理由」とし、「バスケットを純粋に楽しみたい」「20代は苦労したので、これからは自分のやりたいバスケットをしたい」と明かした。


【注目】“くいこみ”問題やズレ、ムレ、モレの悩みを軽減! 大学生アスリート6人がCW-X「スポーツ専用ショーツ」を試してみました(W-ANS ACADEMYへ)

 今季は2年契約を結んだサンズで開幕。「2年目は自分が残るか残らないか決められる」という。しかし、出場機会を増やせず、2018-19年にプレーしたグリズリーズに今年2月にトレード移籍。3月に負傷で離脱していた。

 3月中旬から「メンタル的なこと」で休みをもらっていたという。今回の配信ではこう想いを語った。

「今までいろんなことがあっても諦めずにやってきたので、なんでこのタイミングでと思う人もいると思う。ましてもう1年やれる契約を蹴ってまで。理由はシンプルにバスケットが好き、バスケットがしたい。NBAの6年間、アメリカに来て11年間。僕のことを昔から応援している人からすると順風満帆ではなかったとわかる。

 シンプルに何がしたいか、自分が練習してきたことをコートで出したい。単純にバスケットがしたいのが理由。もう一つ、僕がNBAに入ったのは6年前。その時、グリズリーズでツーウェイ契約を結んでいた。その時に立てた目標が本契約をもらうこと。20代のうちはどんな苦労があっても逃げない、アメリカにこだわり続ける。自分がどんな状態になってもアメリカでやり続ける。

 今年で30歳になる。20代の間にいろんなことを経験させてもらったし、ここでは口にできないくらいいろんなことあった。自分で決めた20代の間は絶対逃げない、諦めないというのは自分のなかでクリアできたかな。30代になっても日本でバチバチとやり合う楽しさを感じられたらと思う。2つ大きな理由を挙げるとしたら、バスケットを純粋に楽しみたい、20代は十分に苦労したので、30代は自分のやりたいバスケットをしたい」

 日本でのプレーについて「日本もレベルが高くなっている。その中で自分がどれだけやれるか毎日模索しながら、バチバチのやり合い、楽しさを日本で感じられれば」と話した。

(THE ANSWER編集部)

1 2
W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
UNIVAS
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集