[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

韓国プロ野球で“誤審隠ぺい”の審判解雇「こんなの八百長」 ロボット審判の判定伝えず批判の声

今季からAIによる判定を行う“ロボット審判”が導入された韓国プロ野球で、イヤホンに入ってくる判定と違った判定をコールした審判がその事実を隠ぺいしようとし、解雇や職務停止といった厳重な処分を受ける事態に発展している。

韓国プロ野球で審判が隠ぺいを行った(画像はイメージです)
韓国プロ野球で審判が隠ぺいを行った(画像はイメージです)

AIはストライク判定→手を上げなかった審判の信じられない行動

 今季からAIによる判定を行う“ロボット審判”が導入された韓国プロ野球で、イヤホンに入ってくる判定と違った判定をコールした審判がその事実を隠ぺいしようとし、解雇や職務停止といった厳重な処分を受ける事態に発展している。


【注目】女性アスリートに必要な「栄養と食事」とは? バドミントン松友美佐紀選手と考える、姉妹サイトW-ANS ACADEMY主催の無料イベントを6月16日に開催 詳細はこちら

 韓国プロ野球を統括する韓国野球委員会(KBO)は19日、「14日に行われたNC-サムスン戦で、競技中に判定関連のミスと不適切な言行でリーグの公平性を棄損した3名に対し、懲戒を審議した」として、当該審判クルーのチーム長だったイ・ミンホ審判を解雇。球審だったムン・スンフン審判、三塁塁審だったチュ・ピョンホ審判を最大3か月の無給懲戒に処したと発表した。

 韓国紙「中央日報」によれば、問題の試合はNCが1-0でリードした3回裏、2死一塁の状況で発生した。NCのイ・ジェハクの投球を球審がボールと判定。ただコースは外角ストライクで、ロボット審判もストライクと判定していた。

 韓国プロ野球でのロボット審判は、イヤホンに音声で入ってくる判定通りに球審がコールする仕組みで、同紙は「主審がABSの判定結果に沿ってストライク判定を下さなければならなかったが、それを無視した」と伝えている。

1 2 3
W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
UNIVAS
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集