[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

得点圏打率.053でも「心配していない」 チャンスで打てる大谷復活を米敏腕記者が断言するワケ

米大リーグ・ドジャースの大谷翔平投手は今季ここまでMLB最多の31安打を含め、4本塁打、打率.360、OPS1.040と打撃が好調だ。しかし、得点圏打率.053と苦戦。指揮官も苦言を呈していたが、米敏腕記者は「心配していない」と断言している。

ドジャースの大谷翔平【写真:ロイター】
ドジャースの大谷翔平【写真:ロイター】

指揮官は「もう少し落ち着かなければ」

 米大リーグ・ドジャースの大谷翔平投手は今季ここまでMLB最多の31安打を含め、4本塁打、打率.360、OPS1.040と打撃が好調だ。しかし、得点圏打率.053と苦戦。指揮官も苦言を呈していたが、米敏腕記者は「心配していない」と断言している。


【注目】“くいこみ”問題やズレ、ムレ、モレの悩みを軽減! 大学生アスリート6人がCW-X「スポーツ専用ショーツ」を試してみました(W-ANS ACADEMYへ)

 大谷は16日(日本時間17日)の本拠地ナショナルズ戦で、得点圏で迎えた3打席はいずれも初球を打って凡退。米専門サイト「ドジャース・ネーション」によると、試合後にはデーブ・ロバーツ監督に「落ち着かなければいけない」と苦言を呈されていた。X(旧ツイッター)の日本のファンからは「得点圏では1安打のみ…」「なかなかここまでの落差は見た事無い」「得点圏での安打が欲しいー」などと心配の声も上がっていた。

 米ポッドキャスト番組「ファウル・テリトリー」に出演したのは、米スポーツメディア「ジ・アスレチック」のケン・ローゼンタール記者。同番組公式X(旧ツイッター)が公開した動画の中で、大谷の得点圏打率が低いことに話題が及ぶと「ショウヘイのことはあまり心配していない。スタッツはバランスが取れてくると思う」と楽観視した。

 ローゼンタール記者はその理由について「最近見てきたように、何かに影響されるような男ではない」と水原容疑者の騒動の中でも活躍を続ける大谷の精神力に太鼓判。「得点圏打率については、時間と共に彼は打つようになるだろう。だから特に心配はしていないよ」と復活を強調していた。

(THE ANSWER編集部)


W-ANS


W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
UNIVAS
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集