[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

卓球王国・中国が震え上がった張本美和の世界3位撃破 ファン衝撃「強すぎる」「本当に調子いい」

卓球シングルスのワールドカップ(W杯)の決勝トーナメント1回戦が18日にマカオで行われ、女子世界ランキング12位の張本美和(木下グループ)が同3位の王芸迪(中国)をゲームカウント4-1で破り、準々決勝進出を決めた。自身初めて卓球王国・中国のトップ3選手に勝利したことで、中国メディアは改めて張本の脅威を強調。ネット上のファンからも「強すぎる」「神!」といった声が上がっている。

張本美和【写真:ロイター】
張本美和【写真:ロイター】

卓球W杯

 卓球シングルスのワールドカップ(W杯)の決勝トーナメント1回戦が18日にマカオで行われ、女子世界ランキング12位の張本美和(木下グループ)が同3位の王芸迪(中国)をゲームカウント4-1で破り、準々決勝進出を決めた。自身初めて卓球王国・中国のトップ3選手に勝利したことで、中国メディアは改めて張本の脅威を強調。ネット上のファンからも「強すぎる」「神!」といった声が上がっている。


【注目】女性アスリートに必要な「栄養と食事」とは? バドミントン松友美佐紀選手と考える、姉妹サイトW-ANS ACADEMY主催の無料イベントを6月16日に開催 詳細はこちら

 1ゲームずつ奪い合って迎えた第3ゲームに張本は9-6から2ポイントを取られたところでタイムアウト。冷静さを取り戻し、2ポイント連取でこのゲームをものにした。第4ゲームも奪い、第5ゲームは先にマッチポイントを握りながらデュースに持ち込まれる接戦。そこでも粘りを見せ、16-14で競り勝って決着をつけた。

 中国メディア「卓球ネット」は「王芸迪、再び日本人選手に敗れる!1-4で張本美和に敗戦」との見出しで記事を掲載。張本については「2008年生まれの張本美和のここ数年の進歩は誰もが知るところであり、今回は伊藤美誠を抑えてパリ五輪の日本女子団体のメンバーに選ばれた。その実力は決して軽視できない。張本美和はこれまで中国の主力選手に勝ったことはなかったが、成長著しい張本の成長の余地は非常に大きい」と急成長ぶりを認識。第5ゲームの激闘についても「勇敢に戦った」と称した。

 中国版SNS「ウェイボー」では「美和、強すぎる!!」「神!」「小さい美和、すごすぎる」「美和は今日、本当に調子がよかった。仕方がない。王芸迪は今日の試合をしっかり反省すればそれでいいと思う」など張本の急成長に衝撃を受けたような声が上がっている。

(THE ANSWER編集部)


W-ANS


W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
UNIVAS
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集