[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

水原容疑者が1万9000回も起こした行動「珍しいと言いたいが嘘に」 米専門家が語る依存症の実態

米大リーグ、ドジャースの大谷翔平投手の通訳を長年務めた水原一平容疑者は、銀行詐欺罪で訴追された。大谷の口座から1600万ドル(約24億5000万円)以上を不正送金したとされている。米連邦捜査当局が公開した訴状には、水原容疑者と胴元の生々しいやり取りが掲載されているが、米国の専門家は「珍しいことだと言いたいが嘘になる」とギャンブル依存症特有の症状を指摘している。

水原一平容疑者【写真:ロイター】
水原一平容疑者【写真:ロイター】

米スポーツ専門メディアがギャンブル問題専門家の声を紹介

 米大リーグ、ドジャースの大谷翔平投手の通訳を長年務めた水原一平容疑者は、銀行詐欺罪で訴追された。大谷の口座から1600万ドル(約24億5000万円)以上を不正送金したとされている。米連邦捜査当局が公開した訴状には、水原容疑者と胴元の生々しいやり取りが掲載されているが、米国の専門家は「珍しいことだと言いたいが嘘になる」とギャンブル依存症特有の症状を指摘している。


【注目】“くいこみ”問題やズレ、ムレ、モレの悩みを軽減! 大学生アスリート6人がCW-X「スポーツ専用ショーツ」を試してみました(W-ANS ACADEMYへ)

 訴状によれば、水原容疑者は2021年9月に賭博を始め、約2年間で総額4067万8436ドル(約62億3320万円)の損失を出した。賭けの回数は1万9000回、1日平均では25回。胴元に何度も限度額の押し上げを求めていた。米スポーツ専門メディア「ジ・アスレチック」は「イッペイ・ミズハラのテキストメッセージの中に、問題ギャンブラーは馴染みある強迫観念を見る」と題する記事を掲載。専門家の意見を紹介している。

 水原容疑者の行動について、ラトガース大ギャンブル学センター長のリア・ノウワー氏は「珍しいことだと言いたいが嘘になる。実のところ、どんどん普通のことになりつつある」と指摘する。2018年に連邦最高裁判所がスポーツ賭博を禁止する法律を無効としてから、今では50州のうち38州で合法となっている。手軽に賭けられる状況もあり、賭博業界の収益は毎年記録を更新しているという。

 水原容疑者は現金がなくても“信用賭け”ができる状況だった。イェール大医学部の精神科医マーク・ポテンザ氏は「巨額のお金にアクセスできる人が、お金を借りられ、賭けに勝ってお金を取り戻せると信じてしまうのは想像できる。それが起きなければさらに深い穴にはまっていく。賭けで取り戻せると信じ、ますます手に負えないスパイラルに入っていく」と負の連鎖の流れを説明した。

 問題ギャンブル評議会のキース・ホワイト事務局長はギャンブル依存症の人に対し、制限をかけるツールを使用すること、友人に話すことを勧める。米国では約900万人が問題を抱えているとされているが、評議会の相談サービスを利用した人は32万5000人に留まるという。「電話の先にいるのは匿名の人ですが、それは他の全てを可能にするために一歩です」と1人で抱え込まないことを促した。

(THE ANSWER編集部)


W-ANS


W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
UNIVAS
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集