[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

「野球は仕事」発言が賛否のレンドン、熱い逆転ヘッスラ生還に日本ファン驚き「あのレンドンが」

米大リーグ、エンゼルスのアンソニー・レンドン内野手が、17日(日本時間18日)の敵地レイズ戦でヒーローの一人になった。5回に今季初のタイムリーを放つと、9回には値千金の同点適時打。さらにヘッドスライディングで逆転のホームインを見せるなど躍動。チームは5-4で勝利し、ネット上の日本ファンも驚きの声を上げていた。

エンゼルスのアンソニー・レンドン【写真:Getty Images】
エンゼルスのアンソニー・レンドン【写真:Getty Images】

レイズ戦で逆転勝利の立役者に

 米大リーグ、エンゼルスのアンソニー・レンドン内野手が、17日(日本時間18日)の敵地レイズ戦でヒーローの一人になった。5回に今季初のタイムリーを放つと、9回には値千金の同点適時打。さらにヘッドスライディングで逆転のホームインを見せるなど躍動。チームは5-4で勝利し、ネット上の日本ファンも驚きの声を上げていた。


【注目】“くいこみ”問題やズレ、ムレ、モレの悩みを軽減! 大学生アスリート6人がCW-X「スポーツ専用ショーツ」を試してみました(W-ANS ACADEMYへ)

 レンドンは1-1の同点で迎えた5回1死二塁から、レイズ先発右腕リッテルの高め直球をレフトへ運んだ。今季の打点は14日(日本時間15日)のレッドソックス戦の9回に犠飛で挙げたものが唯一で、初の適時打となった。さらに1点を追う9回1死二、三塁からは同点の左前適時打を放った。二塁走者ネトが本塁でタッチアウトになったが、レンドンは二塁へ進んだ。

 トラウト敬遠後、ウォードが右前へ落ちるヒット。ここでレンドンが激走。逆転のホームを狙った。ヘッドスライディングを見せて逆転の生還。ユニホームを土だらけにして同僚に称えられた。

 レンドンは2019年オフにナショナルズからFAとなり、エンゼルスと7年総額2億4500万ドル(約378億円)の巨大契約を結び今季が5年目。毎年のように故障に泣き、エンゼルスでの最多出場は2021年の58試合。昨季も43試合で打率.236、2本塁打に終わっていた。

 開幕前には米スポーツ専門メディア「ジ・アスレチック」が公開した記事の中で、「私にとってそれ(野球)は最優先事項ではなかった」「これは仕事だ。私は生計を立てるためにやっている。この仕事よりも、私の信じているものや家族が第一だ」と語った事が伝えられ、賛否を呼んでいたが、この試合では勝利への執念を見せた。

 日本ファンも驚きの声を上げ「ホームインくっそかっこよくて泣ける」「レンドンのユニホームが汚れてるのが嬉しい」「レンドンのホームヘッスラが見れて幸せでした」「なんでレンドンがヘッスラしてんだ」「レンドンさん、あんた最高かよ!」「あのレンドンが…?」などと反響が集まっていた。

 今季は開幕から主に1番打者として起用され、4月上旬までは1割を切る低打率に悩まされていたものの復調。この試合5打数2安打2打点の活躍で、打率.254に上げている。

(THE ANSWER編集部)

1 2
W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
UNIVAS
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集