[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

「片手で172キロですよ(笑)」 大谷翔平、泳がされたのに爆速安打…敵地局は呆然

米大リーグ、ドジャースの大谷翔平投手は17日(日本時間18日)、本拠地ドジャースタジアムで行われたナショナルズ戦に「2番・DH」で先発し、2試合連続のマルチ安打を放った。特筆すべきは打球速度で、6回先頭で放った右前打はうまくカーブを拾った形にも関わらず時速106.9マイル(約172.03キロ)を記録。これに敵地放送局からは半ば呆れたかのような声が上がった。

ナショナルズ戦で安打を放つドジャースの大谷翔平【写真:ロイター】
ナショナルズ戦で安打を放つドジャースの大谷翔平【写真:ロイター】

2試合連続のマルチ安打…カーブ拾ったのに打球は172キロ

 米大リーグ、ドジャースの大谷翔平投手は17日(日本時間18日)、本拠地ドジャースタジアムで行われたナショナルズ戦に「2番・DH」で先発し、2試合連続のマルチ安打を放った。特筆すべきは打球速度で、6回先頭で放った右前打はうまくカーブを拾った形にも関わらず時速106.9マイル(約172.03キロ)を記録。これに敵地放送局からは半ば呆れたかのような声が上がった。


【注目】“くいこみ”問題やズレ、ムレ、モレの悩みを軽減! 大学生アスリート6人がCW-X「スポーツ専用ショーツ」を試してみました(W-ANS ACADEMYへ)

 6回先頭で迎えた打席、大谷はナショナルズの右腕ジェイク・アービンが外角低めに投じたカーブをうまく拾った。さいごは右手1本で振りぬく形になった打球は右翼手の前に落ち、この日2本目の安打となった。

 これに驚いたのが、ナショナルズ側の放送席だ。米メリーランド州地元局「MASN」で実況を務めるボブ・カーペンター氏は「オオタニが長~い腕を伸ばして安打を放った。今季30安打目です」と伝え、解説のケビン・フランドセン氏は「タフな相手だ。(投手には)何をしろと言うんだ。彼の腕は長い。ただ腕を伸ばして……。力強すぎる。片手で107マイルですよ(笑)」と半ば呆れたような口調だ。

 大谷は初回1死無走者の打席でも右前安打を放っており、こちらも時速107.9マイル(約173.65キロ)を記録している。今季は特に、打球速度の速さが際立っている。

(THE ANSWER編集部)

1 2
W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
UNIVAS
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集