[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

大谷翔平、バットの先なのに弾丸172km安打 金メダリストが呆れ笑い「信じられません」

米大リーグ、ドジャースの大谷翔平投手は15日(日本時間16日)、本拠地ドジャースタジアムで行われたナショナルズ戦に「2番・DH」で先発。初回の第1打席で右前に火の出るような当たりの安打を放った。五輪金メダリストの解説が「バットの先です」「ミスショットでこれ」と驚きの言葉を上げている。

ドジャースの大谷翔平【写真:ロイター】
ドジャースの大谷翔平【写真:ロイター】

ナショナルズ戦の初回、火の出るような右前打に…

 米大リーグ、ドジャースの大谷翔平投手は15日(日本時間16日)、本拠地ドジャースタジアムで行われたナショナルズ戦に「2番・DH」で先発。初回の第1打席で右前に火の出るような当たりの安打を放った。五輪金メダリストの解説が「バットの先です」「ミスショットでこれ」と驚きの言葉を上げている。


【注目】“くいこみ”問題やズレ、ムレ、モレの悩みを軽減! 大学生アスリート6人がCW-X「スポーツ専用ショーツ」を試してみました(W-ANS ACADEMYへ)

 大谷が対したのは、この試合が大リーグ初登板となる左腕のパーカー。カウント2-1から低めへのカーブをしっかり待って捉えると、強烈な打球が右前へ抜けていった。打球速度170.3マイル(約172.68キロ)に達し、ドジャース側の放送席は沸いた。

 ドジャースの地元局「スポーツネット・ロサンゼルス」で解説を務めたジェシカ・メンドーサさんは、2008年アテネで金、2008年北京で銀メダルの元ソフトボール選手。この打球を見て「彼のバットスピードは信じられません。バットの先です。それで107マイルですよ」と呆れ笑いでまくし立てた。

 さらに「ミスショットでこれ。メジャーで最も打球の速い打者の1人です」と続けた。体感のプレースピードが速いソフトボールで育った目にも、大谷の打球は異質なものに映ったようだ。

(THE ANSWER編集部)

1 2
W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
UNIVAS
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集