[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

ド軍まさかの62年ぶり屈辱 米記者指摘、5投手全員が与四球&全イニング与四球で計14

米大リーグ・ドジャースは14日(日本時間15日)、本拠地パドレス戦に3-6で敗れた。この試合で1962年以来、実に62年ぶりの屈辱的な記録が生まれていたと米記者が伝えている。

ドジャースがまさかの62年ぶり屈辱【写真:ロイター】
ドジャースがまさかの62年ぶり屈辱【写真:ロイター】

パドレス戦で投手陣の制球定まらず

 米大リーグ・ドジャースは14日(日本時間15日)、本拠地パドレス戦に3-6で敗れた。この試合で1962年以来、実に62年ぶりの屈辱的な記録が生まれていたと米記者が伝えている。


【注目】“くいこみ”問題やズレ、ムレ、モレの悩みを軽減! 大学生アスリート6人がCW-X「スポーツ専用ショーツ」を試してみました(W-ANS ACADEMYへ)

 大谷翔平も「2番・DH」で出場したこの試合。ドジャースは4回にスミスの適時打とマンシーの2ランで3-1と逆転に成功するが、投手陣がピリッとしなかった。

 原因の一つが四球の多さ。先発パクストンが6回途中3安打3失点だったが、8つも四球を与えた。登板した5投手全員が四球を与えただけでなく、全イニングでパドレスに四球を与え、合計なんと14に達した。

 3-3と同点の7回には3番手ファイアライゼンが先頭打者から四球、左前打、四球で1死満塁のピンチを作り、プロファーに走者一掃の中越え二塁打を浴びた。

 米スポーツメディア「ジ・アスレチック」のファビアン・アルダヤ記者は自身のXで「ドジャース、フランチャイズ史上4度目の1試合14打者四球。62年ぶり」と伝え、米カリフォルニア州の地元紙「ロサンゼルス・タイムズ」のジャック・ハリス記者も「1962年以来最多、フランチャイズ史上4番目に多い14人の打者を歩かせた」と指摘した。

 パドレスとの3連戦は1勝2敗と負け越したドジャース。15日(同16日)からはナショナルズとの3連戦を迎える。

(THE ANSWER編集部)


W-ANS


W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
UNIVAS
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集