[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

大谷翔平の右飛に「見たことがあるかわからない」 米実況が絶叫した理由は…92年新人王も称賛

米大リーグ・ドジャースの大谷翔平投手は13日(日本時間14日)、パドレス戦に「2番・DH」で先発。2打数無安打1打点、2四球でチームは5-2で勝利した。8回には高々と右飛を打ち上げたが、米実況席では「野球史上、最高にクールなフライアウトだった」とまで称えられる珍しいシーンがあった。

パドレス戦に「2番・DH」で先発したドジャースの大谷翔平【写真:ロイター】
パドレス戦に「2番・DH」で先発したドジャースの大谷翔平【写真:ロイター】

パドレス戦

 米大リーグ・ドジャースの大谷翔平投手は13日(日本時間14日)、パドレス戦に「2番・DH」で先発。2打数無安打1打点、2四球でチームは5-2で勝利した。8回には高々と右飛を打ち上げたが、米実況席では「野球史上、最高にクールなフライアウトだった」とまで称えられる珍しいシーンがあった。


【注目】女性アスリートに必要な「栄養と食事」とは? バドミントン松友美佐紀選手と考える、姉妹サイトW-ANS ACADEMY主催の無料イベントを6月16日に開催 詳細はこちら

 8回2死一塁の第5打席。大谷は相手右腕ブリトーの153キロ速球を強振。打球はドジャースタジアムの夜空に高々と打ちあがった。大歓声の中、右翼手タティスJr.がフェンス際まで後退。松井秀喜氏の記録を超える176号の期待も高まったが、惜しくも届かず右飛になった。

 単なる右飛だったが、米カリフォルニア州地元放送局「スポーツネット・ロサンゼルス」の実況席では驚きの声が上がった。実況のジョー・デービス氏は、大谷がスイングした直後に「オーマイグッドネス!」と絶叫。「高く上がった。しかしわずかに届かなかった。こんなにも高く上がったのを見たことがあるか分からない」と打ちあがったその高さに驚いていた。

 ドジャースで1992年に新人王に輝き、メジャー通算284本塁打を放った解説エリック・キャロス氏も「野球史上、最高にクールなフライアウトだった」とコメント。この日は安打こそ出なかったが、初回に今季2つ目の盗塁をマーク。四球2つで出塁したほか、犠飛で打点を挙げるなど貢献した。

(THE ANSWER編集部)

1 2
W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
UNIVAS
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集