[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

大谷翔平は「決して喧嘩しない」 乱闘寸前でも笑顔&ウインクに米メディアも注目、ド軍連敗ストップ

米大リーグ・ドジャースの大谷翔平投手は13日(日本時間14日)、パドレス戦に「2番・DH」で先発。2打数無安打1打点、2四球でチームは5-2で勝利した。5回、パドレス打者が内角球に激昂し、両軍ベンチから選手が飛び出す一触即発の場面も発生。大谷、パドレスの松井裕樹投手も輪に加わったが、両者は笑顔になるシーンも。大谷はウインクも見せるなど、周囲のピリピリムードとは違った空気を漂わせ、米ファンから「彼は決して喧嘩しない」などと注目されていた。

パドレス戦に「2番・DH」で先発したドジャースの大谷翔平【写真:ロイター】
パドレス戦に「2番・DH」で先発したドジャースの大谷翔平【写真:ロイター】

パドレス戦で両軍ベンチから選手が飛び出すシーンも

 米大リーグ・ドジャースの大谷翔平投手は13日(日本時間14日)、パドレス戦に「2番・DH」で先発。2打数無安打1打点、2四球でチームは5-2で勝利した。5回、パドレス打者が内角球に激昂し、両軍ベンチから選手が飛び出す一触即発の場面も発生。大谷、パドレスの松井裕樹投手も輪に加わったが、両者は笑顔になるシーンも。大谷はウインクも見せるなど、周囲のピリピリムードとは違った空気を漂わせ、米ファンから「彼は決して喧嘩しない」などと注目されていた。


【注目】女性アスリートに必要な「栄養と食事」とは? バドミントン松友美佐紀選手と考える、姉妹サイトW-ANS ACADEMY主催の無料イベントを6月16日に開催 詳細はこちら

 1-0とドジャースリードの5回、パドレスの打者プロファーが内角の厳しいボールに怒り、捕手スミスと言い合いになった。両軍ベンチから選手が飛び出し、ホームベース付近に輪ができる。ベンチから大谷、ブルペンからは松井も駆けつけた。

 ただ、大谷は笑顔でニコリ。帽子を取った松井らがいる方へウインクする場面もあり、周囲のピリピリした雰囲気とは違った様子だった。

 大谷の表情には米メディア「ドジャース・ネーション」の公式X(旧ツイッター)も注目。「ドジャースとパドレスのベンチが空っぽになっても、明るい雰囲気のままのショウヘイ・オオタニ」と紹介し、米ファンも「彼は決して喧嘩しない。そして彼に手を出すことを神が禁じている」「何としても彼を守ってくれ」「ユウキ・マツイを真っ直ぐに見つめて、怒ってるふりをしてた。それで笑顔になって、冗談だよって(笑)なんてかわいい男なんだ」「オオタニはチームをサポートするためだけにそこにいるんだ」「気まずい状況にいるときの私みたい」「ああああ」などと反応していた。

 結局、乱闘にまでは発展せず。ただ、試合を中継していた米カリフォルニア州地元放送局「スポーツネット・ロサンゼルス」の実況席では、解説のエリック・キャロス氏が「私たちは何時間も待っていたんだぞ」と、雨天のため試合開始が遅れたことに触れ、両軍の雰囲気に呆れていた。ドジャースは連敗を2でストップ。明日の同カードではパドレス・ダルビッシュ有投手が先発する。

(THE ANSWER編集部)


W-ANS


W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
UNIVAS
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集