[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

今永昇太、3戦目も防御率0.00継続! 失策絡みで初失点も…6回途中1失点 誠也勝ち越し3号で2勝目権利

米大リーグ、カブスの今永昇太投手は13日(日本時間14日)、シアトルで行われたマリナーズ戦で今季3度目の先発マウンドに立ち、6回途中を5安打1失点、4三振2四球。自責点は0で降板した。1日(日本時間2日)のロッキーズ戦で大リーグデビューしてからの初失点を喫したものの、失策がからんでおり防御率は依然0.00という快投を続けている。

カブスの今永昇太【写真:ロイター】
カブスの今永昇太【写真:ロイター】

2回に大リーグ初失点も失策がらみ、今季2勝目の権利

 米大リーグ、カブスの今永昇太投手は13日(日本時間14日)、シアトルで行われたマリナーズ戦で今季3度目の先発マウンドに立ち、6回途中を5安打1失点、4三振2四球。自責点は0で降板した。1日(日本時間2日)のロッキーズ戦で大リーグデビューしてからの初失点を喫したものの、失策がからんでおり防御率は依然0.00という快投を続けている。


【注目】女性アスリートに必要な「栄養と食事」とは? バドミントン松友美佐紀選手と考える、姉妹サイトW-ANS ACADEMY主催の無料イベントを6月16日に開催 詳細はこちら

 今永は初回、クロフォードを中飛、ロドリゲスを二ゴロ、フランスを見逃し三振に仕留める絶好の立ち上がり。1点の援護を得て迎えた2回は一塁手の失策で生かしたハニガーを、2死後ウリアスの適時二塁打で生還させたものの、自責点にはならずイニングを重ねた。

 1-1の同点で迎えた3回には、同僚の鈴木誠也外野手が勝ち越しの3号ソロを放った。今永は6回に2つの四球を与えて1死二、三塁のピンチを招き降板したものの、2番手のマーク・ライターJr.が後続を抑え無失点。今季2勝目の権利を得た。

 大リーグデビューした1日(同2日)のロッキーズ戦が6回を2安打無失点、7日のドジャース戦も4回を2安打無失点とデビューから2試合、9イニングに渡って無失点。この試合は2回に失点し、デビュー以来の連続イニング無失点は「11」で途切れている。

(THE ANSWER編集部)


W-ANS


W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
UNIVAS
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集