[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

退屈なF1を「ツノダだけが救える」 英老舗誌が大絶賛、王者レッドブルにも異例の提言「連れてくる時だ」

7日に幕を閉じた自動車レースのF1日本グランプリ(GP)。予選10番手だった角田裕毅(RB)は決勝で激走し、日本人ドライバーとして2012年の小林可夢偉(3位)以来12年ぶりの入賞となる10位に入った。英老舗専門誌は日本GPの結果を受けて「ツノダだけが2025年のF1を救える」といったセンセーショナルな見出しで大特集。ここまでのレース内容を称賛し、最後には現在コンストラクターズ(製造者)部門トップを独走するレッドブルに対して「ツノダを連れてくる時だ」と異例の提言をしている。

角田裕毅【写真:ロイター】
角田裕毅【写真:ロイター】

7日に閉幕したF1日本GPで10位入賞

 7日に幕を閉じた自動車レースのF1日本グランプリ(GP)。予選10番手だった角田裕毅(RB)は決勝で激走し、日本人ドライバーとして2012年の小林可夢偉(3位)以来12年ぶりの入賞となる10位に入った。英老舗専門誌は日本GPの結果を受けて「ツノダだけが2025年のF1を救える」といったセンセーショナルな見出しで大特集。ここまでのレース内容を称賛し、最後には現在コンストラクターズ(製造者)部門トップを独走するレッドブルに対して「ツノダを連れてくる時だ」と異例の提言をしている。


【注目】“くいこみ”問題やズレ、ムレ、モレの悩みを軽減! 大学生アスリート6人がCW-X「スポーツ専用ショーツ」を試してみました(W-ANS ACADEMYへ)

 日本GPではピットストップの際にクルーの“超速タイヤ交換”もあって順位を上げ、終盤には逆バンクからのオーバーテイクという卓越したドライビングテクニックを見せて、1ポイントを獲得した角田。この走りに注目したのは、創刊100年を誇る英老舗専門紙「モータースポーツ」だ。記事の小見出しで「死ぬほどの退屈さを前に、壊れたAIの自画自賛に似たスポーツを救うために必要なエンターテイメントをもたらすことができるドライバーは1人だけ」と最上級に近い言葉を並べて絶賛した。

 本文では、日本GP優勝で今季4戦3勝としたマックス・フェルスタッペン(レッドブル)が他を圧倒していることに触れる一方で「その中で、あるドライバーが他の大半よりも目を引いている(彼がどんな車を運転しているかを鑑みれば)」として角田をクローズアップ。「ユウキ・ツノダはアルファタウリAT04、そしておしゃれに名付けられたRB VCARB 01を運転し、ここ9レースで5ポイントを獲得した。彼はここ9回のGPで6回、チームメート(それが腕利きのリアム・ローソンであれ、窮地に立つベテランのダニエル・リカルドであれ)の前でフィニッシュした」と好結果に触れている。

 コンストラクターズ部門のランキングにおいても「トップ5の順位(順にレッドブル、フェラーリ、マクラーレン、アストン・マーチン、メルセデス)がこれまで以上に不変だと全ての解説者が言う年において、現状を他の大半よりも頻繁にかき乱しているのはツノダだ。開幕からの4回のGPで3回、予選トップ10に姿を現している」とRBの健闘を紹介。「ビザ・クラップ・アップなんちゃらレーシングが6位につけているのは、全くもってこの若き日本人ドライバーの素晴らしき力だけによるものだ」とRBを揶揄しながらも、角田の実力を評価している。

 さらに記事では「この日本人ドライバーは唯一のF2シーズンにおいて、その素晴らしいカーコントロールで複数のレースを制した。これは確かにフェルスタッペンのレッドブルを引き受けるチームメートであり、そして機が熟しきった待望のエンターテイメントを最前線で私たちにもたらしてくれるだろうか?」と期待の高さを示したうえで「今がレッドブルに変化を起こし、ツノダを連れてくる時だ」とレッドブルへの移籍も提言する形で締めている。

(THE ANSWER編集部)





W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
UNIVAS
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集