[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

「大谷の口座設定を変更できた」 明かされていない水原氏の6.8億円送金の手段、米紙が示した可能性

米大リーグ・ドジャースに所属する大谷翔平投手の通訳を長年務めていた水原一平氏について、米ニューヨーク州地元紙「ニューヨーク・タイムズ」が10日(日本時間11日)に最新報道。「有罪を認める交渉中」であるとした。違法賭博に関与し、大谷の口座から資金を盗用した疑いが持たれている。大谷は3月に声明を発表していたが、水原氏が口座から送金した手段については明かされず。米メディアからも疑問の声が上がっていたが、今回の報道でその可能性を示す内容も出ている。

大谷翔平と水原一平氏【写真:Getty Images】
大谷翔平と水原一平氏【写真:Getty Images】

米紙ニューヨーク・タイムズが報道

 米大リーグ・ドジャースに所属する大谷翔平投手の通訳を長年務めていた水原一平氏について、米ニューヨーク州地元紙「ニューヨーク・タイムズ」が10日(日本時間11日)に最新報道。「有罪を認める交渉中」であるとした。違法賭博に関与し、大谷の口座から資金を盗用した疑いが持たれている。大谷は3月に声明を発表していたが、水原氏が口座から送金した手段については明かされず。米メディアからも疑問の声が上がっていたが、今回の報道でその可能性を示す内容も出ている。


【注目】“くいこみ”問題やズレ、ムレ、モレの悩みを軽減! 大学生アスリート6人がCW-X「スポーツ専用ショーツ」を試してみました(W-ANS ACADEMYへ)

 大谷は3月25日(同26日)に声明を発表。メディアの前で自ら読み上げる形で「僕自身は何かに賭けたり、誰かに代わってスポーツイベントに賭けたり、それを頼んだりということもないですし、僕の口座からブックメーカーに対して、誰かに送金を依頼したことももちろん全くありません」「結論から言うと、彼(水原氏)が僕の口座からお金を盗んで、なおかつ皆に嘘をついていた」などとしていた。

「ニューヨーク・タイムズ」が公開した「オオタニの元通訳が有罪を申し立てる交渉中だと伝えられている」との見出しの記事では、「この件について報告を受けた3人の人物によると、ショウヘイ・オオタニの元通訳イッペイ・ミズハラが連邦犯罪での有罪を認める交渉中だという」と報じられている。

 水原氏は大谷の口座から複数回に分けて、450万ドル(約6億8000万円)もの大金を送金したと報じられている。大谷に知られずに送金された方法については明らかにされていないが、今回の記事では「報告を受けた人物によると、検事はミズハラが450万ドル(約6億8000万円)以上をオオタニから盗んだ可能性がある証拠を発見したという。特に当局は、ミズハラがオオタニがアラームや送金の確認を受け取らないように、オオタニの銀行口座の設定を変更できた証拠を持っていると考えているという」としている。

 送金をしても大谷本人に通知がいかないよう、水原氏が設定を変更できる状況下にあった可能性を示している。大谷は声明で「数日前まで、彼がそういうことをしていたというのも全く知りませんでした」と語っていたが、記事では水原氏の有罪答弁について「いかなる違法な行為についての事実を認めることも含まれる可能性が高く、2週間前にオオタニがメディア陣の前で、一件について何も知らないとした声明を確認するものになる可能性がある」と説明。大谷の発言の裏付けがなされることもあり得ると見ているようだ。

(THE ANSWER編集部)


W-ANS


W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
UNIVAS
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集