[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

マスターズ会場で奇跡の“ダンク”ホールインワンのはずが…まさかのパーに本人苦笑「最初がなければ」

米男子ゴルフの祭典・マスターズは現地時間11日に米ジョージア州オーガスタのオーガスタナショナルGCで開幕する。同10日には恒例のパー3コンテストが開催され、飛ばし屋で知られるブライソン・デシャンボー(米国)が直接カップインする“ダンクショット”を披露。豪快エースかと思いきや、何とまさかの「パー」だった。パトロンを熱狂させた衝撃の一打の顛末とは――。

ブライソン・デシャンボー【写真:ロイター】
ブライソン・デシャンボー【写真:ロイター】

マスターズ開幕前日恒例のパー3コンテスト

 米男子ゴルフの祭典・マスターズは現地時間11日に米ジョージア州オーガスタのオーガスタナショナルGCで開幕する。同10日には恒例のパー3コンテストが開催され、飛ばし屋で知られるブライソン・デシャンボー(米国)が直接カップインする“ダンクショット”を披露。豪快エースかと思いきや、何とまさかの「パー」だった。パトロンを熱狂させた衝撃の一打の顛末とは――。


【注目】“くいこみ”問題やズレ、ムレ、モレの悩みを軽減! 大学生アスリート6人がCW-X「スポーツ専用ショーツ」を試してみました(W-ANS ACADEMYへ)

 見る者すべてを魅了した。8番、高い軌道を描いたデシャンボーのショットは、なんとグリーンにバウンドすることなく、カップに直接飛び込んだ。奇跡的な“ダンクショット”だ。パトロンから大歓声が上がると、打った本人は両手を広げて“万歳”のポーズ。同伴選手やキャディーたちは、どこか笑いをこらえた様子で祝福した。

 米全国紙「USAトゥデイ」もこのショットを紹介。記事では「モンスタースイングでボールは飛び、ポロンとカップに入った。デシャンボーは満面の笑みで両手を上げ、グループメイトのホアキン・ニーマンとサンティアゴ・デ・ラ・フエンテは彼を叩き、驚きで首を横に振った」と伝えた。その一方で「観客はホールインワンかのような歓声を上げたが、デシャンボーは8番ホールの3打目でパーとなった」とも記されてあった。

 ホールインワンのはずが、何故かパー。その理由は単純で、この前に放った第1打を池に入れていたからだ。ダンクショットは1打罰後の3打目。デシャンボーも自身のXで苦笑いの様子で「最初の1打さえなければ」と実際の動画を“エースもどき”として紹介している。

「USAトゥデイ」でも「デシャンボーが水のトラブルの末に“ホールインワン”ダンクを決めた」とされている。マスターズ開幕前日恒例のパー3コンテストは、本会場に隣接されるパー3ホールだけで構成されるコースで開催。選手だけでなく家族や恋人をキャディーに据えて、実際にショットを任せるといった華やかなシーンも見られる。今年は日本から久常涼(SBSホールディングス)も初出場。パー3コンテストの優勝はリッキー・ファウラー(米国)が飾った。

(THE ANSWER編集部)

1 2
W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
UNIVAS
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集