[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

大谷翔平、驚異の爆速183.5キロ二塁打に敵地解説も称賛 元MVP男「昨夜も強打、今回はさらに…」

米大リーグ・ドジャースの大谷翔平投手は9日(日本時間10日)、敵地ツインズ戦に「2番・DH」でスタメン出場。3回の第2打席に右翼線二塁打を放った。これで直近の安打6本は全て長打という結果に。二塁打はメジャー最多の8本としている。敵地実況席で解説を務めていたジャスティン・モーノー氏は「ビッグガイにしては走るのも本当に上手です」と驚いていた。

ドジャースの大谷翔平【写真:ロイター】
ドジャースの大谷翔平【写真:ロイター】

敵地ツインズ戦に「2番・DH」で出場

 米大リーグ・ドジャースの大谷翔平投手は9日(日本時間10日)、敵地ツインズ戦に「2番・DH」でスタメン出場。3回の第2打席に右翼線二塁打を放った。これで直近の安打6本は全て長打という結果に。二塁打はメジャー最多の8本としている。敵地実況席で解説を務めていたジャスティン・モーノー氏は「ビッグガイにしては走るのも本当に上手です」と驚いていた。


【注目】“くいこみ”問題やズレ、ムレ、モレの悩みを軽減! 大学生アスリート6人がCW-X「スポーツ専用ショーツ」を試してみました(W-ANS ACADEMYへ)

 3回2死走者なしで迎えた第2打席。右腕バーランドの投球を強烈にはじき返した。一塁手が飛びつくも捕れず、右翼線に打球が転がる間に大谷は悠々と二塁に達した。打球速度114マイル(約183.5キロ)の速い打球。ボールはあっという間にフェンスに達していた。

 ツインズの地元局「バリー・スポーツ・ノース」の実況席では、メジャー通算247本塁打で、2006年にMVPを獲得しているモーノー氏がコメント。「これは見逃しませんでした。先程の打席で三振をした球と同じカットボールでした。昨夜も110マイル(約177キロ)の速度でセンターに強打しましたが、今回はさらに強く打ちました。(先程の打席で)見逃した時にメモリーに入れておいて、もう一回同じ球を投げたら捉えるぞ!と思っていたのでしょうね。上手く打ちました。ビッグガイにしては走るのも本当に上手です」と走る速さにも驚いていた。

 大谷は直近3試合で6安打目。いずれも長打で、7日(同8日)のカブス戦で右中間三塁打、中越え二塁打に続き、8日(同9日)の試合でも中越え二塁打、左翼線二塁打、そして3号ソロと続けていた。打率を.351とあげている。

(THE ANSWER編集部)


W-ANS


W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
UNIVAS
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集