[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

「米国人に謝らせる大谷翔平」 試合中に痛み→直後の行動に称賛の声「相変わらずジェントル」

米大リーグ・ドジャースの大谷翔平投手が見せた気遣いが注目を浴びている。19日(日本時間20日)の本拠地メッツ戦に「2番・DH」で先発。二盗を決めた際、相手二塁手のタッチが後頭部を直撃した。その場で悶絶したが、相手の足をポンポンとタッチ。日本人ファンの間で「米国人に謝らせる大谷翔平」と話題となっている。

ドジャースの大谷翔平【写真:ロイター】
ドジャースの大谷翔平【写真:ロイター】

大谷翔平と相手二塁手のやり取り話題

 米大リーグ・ドジャースの大谷翔平投手が見せた気遣いが注目を浴びている。19日(日本時間20日)の本拠地メッツ戦に「2番・DH」で先発。二盗を決めた際、相手二塁手のタッチが後頭部を直撃した。その場で悶絶したが、相手の足をポンポンとタッチ。日本人ファンの間で「米国人に謝らせる大谷翔平」と話題となっている。


【注目】女性アスリートに必要な「栄養と食事」とは? バドミントン松友美佐紀選手と考える、姉妹サイトW-ANS ACADEMY主催の無料イベントを6月16日に開催 詳細はこちら

 大谷は0-4の4回先頭。四球で出塁すると、2死から5番ヘルナンデスの打席で二盗に成功した。しかし、スライディング直後に相手二塁手ジェフ・マクニールのタッチがちょうど後頭部を直撃。痛みに苦悶の表情を浮かべた。しかし、マクニールの左膝付近をポンポンと叩いてアピール。直後にヘルナンデスの右前打が飛び出し、生還した。

 今季5個目の盗塁で生まれた珍事。X上の日本人ファンは試合中から「どつかれ盗塁」などと注目していたが、「気遣いの大谷翔平は相変わらずのジェントルマン」「塁上で会話」「めちゃくちゃアメリカ人に謝らせる大谷翔平」「マクニール選手も『あ!』という感じ」と称賛の声も上がっている。

 この日の大谷は4打数1安打1打点、1盗塁。チームは4-9で敗れた。

(THE ANSWER編集部)


W-ANS


W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
UNIVAS
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集