[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

大谷翔平、直近5安打は右3→中2→中2→左2→左本の長打連発 米記者衝撃「この世のものとは…」

米大リーグ・ドジャースの大谷翔平投手は8日(日本時間9日)、敵地ツインズ戦に「2番・DH」で出場し、7回に今季3号ソロを放つなど、5打数3安打1打点の活躍を見せた。この日は長打3本と大暴れし、4-2の勝利に貢献。米記者を「この世のものと思えないプレーをしている」と驚かせている。

ツインズ戦に出場したドジャースの大谷翔平【写真:ロイター】
ツインズ戦に出場したドジャースの大谷翔平【写真:ロイター】

ツインズ戦に「2番・DH」で出場

 米大リーグ・ドジャースの大谷翔平投手は8日(日本時間9日)、敵地ツインズ戦に「2番・DH」で出場し、7回に今季3号ソロを放つなど、5打数3安打1打点の活躍を見せた。この日は長打3本と大暴れし、4-2の勝利に貢献。米記者を「この世のものと思えないプレーをしている」と驚かせている。


【注目】“くいこみ”問題やズレ、ムレ、モレの悩みを軽減! 大学生アスリート6人がCW-X「スポーツ専用ショーツ」を試してみました(W-ANS ACADEMYへ)

 衝撃の長打力だ。7回2死走者なし。大谷は元広島の右腕ジャクソンと対戦し、真ん中速球を逆方向へ。高々と上がった打球は左翼席に届く3号ソロになった。打球速度106.9マイル(約172キロ)、飛距離376フィート(約115メートル)の一発。レフトフライかとも思われたが、さすがのパワーだった。

 大谷翔平はここ2試合で5安打を放っているが、いずれも長打。7日(同8日)のカブス戦で右中間三塁打、中越え二塁打に続き、この試合でも中越え二塁打、左翼線二塁打、そして3号ソロと続け、この時点で長打数メジャートップに浮上した。

 米専門メディア「ドジャース・ネーション」のノア・カムラス記者は自身のXで大谷の長打力に言及。「ショウヘイ・オオタニはこの世のものと思えないプレーをしている」と衝撃を受けた様子で、第4打席を終えたところで直近21打数11安打であった事も紹介。「これは信じられない期間だ」と伝えた。

 大谷はここまで打率.345、OPS1.056を記録。この日の今季3号でメジャー通算174号に到達した。ヤンキースなどで活躍した松井秀喜氏が持つ日本人選手最多記録「175本」にあと1本に迫っている。

(THE ANSWER編集部)





W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
UNIVAS
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集