[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

大谷翔平、常識外れの3号に敵地解説「ウソだろ…」 ありえない打球に驚愕「忘れてはいけないのは…」

米大リーグ、ドジャースの大谷翔平投手は8日(日本時間9日)、ミネアポリスで行われたツインズ戦の7回に今季3号となるソロ本塁打を放った。広島などでプレーしたジェイ・ジャクソン投手のスライダーを、逆方向に運ぶ技ありの一撃。敵地の放送席も「ウソだろ…」と驚きを隠せずにいる。試合はドジャースが4-2で勝利し、大谷は5打数3安打。すべて長打という大暴れで打率を.345としている。

ツインズ戦に出場したドジャースの大谷翔平【写真:ロイター】
ツインズ戦に出場したドジャースの大谷翔平【写真:ロイター】

ツインズ戦で大爆発…3安打はすべて長打

 米大リーグ、ドジャースの大谷翔平投手は8日(日本時間9日)、ミネアポリスで行われたツインズ戦の7回に今季3号となるソロ本塁打を放った。広島などでプレーしたジェイ・ジャクソン投手のスライダーを、逆方向に運ぶ技ありの一撃。敵地の放送席も「ウソだろ…」と驚きを隠せずにいる。試合はドジャースが4-2で勝利し、大谷は5打数3安打。すべて長打という大暴れで打率を.345としている。


【注目】“くいこみ”問題やズレ、ムレ、モレの悩みを軽減! 大学生アスリート6人がCW-X「スポーツ専用ショーツ」を試してみました(W-ANS ACADEMYへ)

 パワーとともに、うまさが光るのが今季の大谷だ。7回2死無走者で迎えた打席、カウント2-1からジャクソンのスライダーが真ん中に入ってきたところを見逃さなかった。ボールの軌道に逆らわずはじき返した打球は左翼へぐんぐん伸び、スタンド前列に飛び込んだ。

 ツインズの地元局「バリー・スポーツ・ノース」の放送席からは、驚きの声が漏れている。実況のコーリー・プロブス氏が「レフトへ深い当たりだ……入った。オオタニが逆方向へ。ターゲットフィールドでの自身3発目だ。今季3号」と静かに伝えると、解説を務めた大リーグ通算247本塁打のジャスティン・モーノー氏は「(小声で)ウソだろ……」とつぶやいた。

 更にプロブス氏が「肌寒く、湿った夜でさえ、オオタニは柵を越えるのには十分なほど力強かった」とあきれたような口調で続けると、モーノー氏は「なぜ他の選手はオオタニと同じアプローチをしないのかと不思議に思うかもしれませんが、忘れてはいけないのは、彼が球界でも随一のパワーの持ち主だということ。彼は今日、逆方向とセンターへの弾丸二塁打を放っています。真ん中へのあの球を打球角度42度(=速報値、後に38度に訂正)で逆方向へ打って、それでも柵を越すのは多くの選手ができることではない」と、大谷にしかできない打撃だと強調した。

 大谷は初回、6回と二塁打を連ね、3日(同4日)のジャイアンツ戦から続く連続試合マルチ安打を自己最長の5試合に伸ばしていた。1試合3安打も今季初で、調子を上げてきている。

(THE ANSWER編集部)


W-ANS


W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
UNIVAS
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集