[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

「もうF1でタイヤの壁はあまり…」 日本GPで0周リタイア、アルボンが接触マシンのダメージ懸念

自動車レースのF1日本グランプリ(GP)は7日、三重・鈴鹿サーキットで決勝が行われた。スタート直後にRBのリカルド、ウィリアムズのアルボンが接触から離脱。赤旗が出された。F1公式サイトは両者のコメントを紹介。アルボンは「タフなものだった」と振り返り、マシンのダメージを懸念している。

日本GPでクラッシュしたアルボンのマシン【写真:ロイター】
日本GPでクラッシュしたアルボンのマシン【写真:ロイター】

F1日本GP

 自動車レースのF1日本グランプリ(GP)は7日、三重・鈴鹿サーキットで決勝が行われた。スタート直後にRBのリカルド、ウィリアムズのアルボンが接触から離脱。赤旗が出された。F1公式サイトは両者のコメントを紹介。アルボンは「タフなものだった」と振り返り、マシンのダメージを懸念している。


【注目】“くいこみ”問題やズレ、ムレ、モレの悩みを軽減! 大学生アスリート6人がCW-X「スポーツ専用ショーツ」を試してみました(W-ANS ACADEMYへ)

 スタート直後に波乱の展開が待っていた。ターン2、リカルドの右リアタイヤが外にいたアルボンと接触。両者とも制御を失い、クラッシュで0周リタイアとなってしまった。最後はバリアーに衝突して止まったが、2人は無事だった。

 F1公式サイトが掲載した「リカルドとアルボンが鈴鹿での1周目のクラッシュについて見解を述べる、スチュワードはさらなる措置を取らないことを選択」との見出しの記事の中で、アルボンは「私は素晴らしいスタートを切ったが、明らかにミディアムタイア(のドライバー)よりも少し良かったと思う。ターン2から出たとき、いいトラクションがあった。そしてそれで終わりだった」と振り返っている。

 リカルドとの接触については「ダニエルが私を見たとは思わない。あれは少し身を切るような瞬間だった。手を引こうとしたが、十分に素早く避けることができなかった。タフなものだった」と自身の不運を嘆き、「パーツや車の全体的なダメージから、チームとして私たちは明らかに素晴らしいポジションにはいない」とウィリアムズとしても痛手であるとした。

 アルボンは「正直に言って、大きなクラッシュというわけではなかった」としているが、バリアーに突っ込んだことでのダメージを懸念している様子。「壁への当たり方は……あれはタイヤの壁だった。もうF1ではタイヤの壁はあまりない。タイヤが車の下に入って、車を引き裂いた。だから、車はなかなかのスピードからあっという間にゼロになった。私はただただ心配している。タイヤの下だったからあまりよく見られていないが、大丈夫であることを願っている」とコメントしている。

(THE ANSWER編集部)


W-ANS


W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
UNIVAS
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集