[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

日本GPで0周リタイア、接触リカルドが説明 スタート出遅れが一因「私とユウキはミディアムで…」

自動車レースのF1日本グランプリ(GP)は7日、三重・鈴鹿サーキットで決勝が行われた。スタート直後にRBのリカルド、ウィリアムズのアルボンが接触から離脱。赤旗が出された。F1公式サイトはレース後のリカルドが残したコメントを伝えている。

日本GPは無念のリタイアとなったダニエル・リカルド【写真:ロイター】
日本GPは無念のリタイアとなったダニエル・リカルド【写真:ロイター】

F1日本GP

 自動車レースのF1日本グランプリ(GP)は7日、三重・鈴鹿サーキットで決勝が行われた。スタート直後にRBのリカルド、ウィリアムズのアルボンが接触から離脱。赤旗が出された。F1公式サイトはレース後のリカルドが残したコメントを伝えている。


【注目】女性アスリートに必要な「栄養と食事」とは? バドミントン松友美佐紀選手と考える、姉妹サイトW-ANS ACADEMY主催の無料イベントを6月16日に開催 詳細はこちら

 車体がバリアーに突き刺さった。スタート直後のターン2、リカルドの右リアタイヤが外にいたアルボンと接触した様子。リカルドはスピンし、コースアウトした。アルボンも巻き込まれ、ともに離脱。煙と土埃が舞う中、マシンはバリアーに助けられた。

 F1公式サイトは「リカルドとアルボンが鈴鹿での1周目のクラッシュについて見解を述べる、スチュワードはさらなる措置を取らないことを選択」との見出しが打たれた記事を掲載。「ミディアムタイヤでスタートしたリカルドは、ターン1、2でソフトタイヤを履いたドライバー集団の攻撃の的になり、ターン3が近づくときにはアルボンがアウトサイドから攻めてきた」と接触の瞬間を表現している。

 リカルドは「ソフトでスタートしたドライバーは全員……まあ少なくとも前にいたミディアムの車たちはなんとかやっていこうとしていたが、私とユウキ(角田)はミディアムでかなり良くないスタートだった。そして後ろにいたソフトの車はみんなかなり容易く私たちを捉えた」とスタートで出遅れた状況を振り返っている。

 さらに「ターン2までには、少し落ち着いたが、2から抜ける時にはまだ少しトラクションが足りていなかったと記憶している。そして、アストンが私の左側にいて、私はその車を見ていた」と説明。アルボンと接触することになった経緯について「私は3にスピードを上げるためにドリフトし始め、アレックスがいるのを感じた。彼のオンボードを見て、彼は2からはるかにいいドライビングをしていた。彼がそこにいたかったのかどうかも分からないが、彼は私が少し横に行っているのが見えたと思う」とお互いの状況を語っている。

 リカルドはRBで角田裕毅と同僚。赤旗が振られ、レースは再スタートした。予選10番手だった角田は10位入賞を果たし、母国で初ポイントを獲得するなど活躍した。

(THE ANSWER編集部)

1 2
W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
UNIVAS
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集