[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

“1500万円級”大谷翔平ドジャース1号球を巡り米名物レポーターが意見「もっと多くを貰えた」

米大リーグ・ドジャースの大谷翔平投手は3日(日本時間4日)、本拠地でのドジャース戦で今季1号を放った。記念球をキャッチした女性ファンは、ボールとの交換で大谷のサインが入った2つの帽子、ボール、バットを手にして話題となったが、米名物レポーターは、「もっと多くを貰えたはず」と持論を展開している。

ドジャースの大谷翔平【写真:ロイター】
ドジャースの大谷翔平【写真:ロイター】

本拠地ジャイアンツ戦で1号

 米大リーグ・ドジャースの大谷翔平投手は3日(日本時間4日)、本拠地でのドジャース戦で今季1号を放った。記念球をキャッチした女性ファンは、ボールとの交換で大谷のサインが入った2つの帽子、ボール、バットを手にして話題となったが、米名物レポーターは、「もっと多くを貰えたはず」と持論を展開している。


【注目】“くいこみ”問題やズレ、ムレ、モレの悩みを軽減! 大学生アスリート6人がCW-X「スポーツ専用ショーツ」を試してみました(W-ANS ACADEMYへ)

 米ポッドキャスト「ファウル・テリトリー」公式X(旧ツイッター)は、ドジャース専門番組「ドジャース・テリトリー」の動画を公開。大谷の記念球に話が及ぶと、ホストを務めるアラナ・リゾ氏は「個人的には、記念球をキャッチしたファンはボールを“人質”にするべきではない」と自身のスタンスを表明し、このように語った。

「“人質”にして対価を要求するべきではないと思う。でも、今回のファンには最大の称賛を送る。もっと多くを貰えたはずだから。2つの帽子にボール、バット。オオタニのサインが入っていたとしても、より多くを手にできた。それを要求しなかったのは素晴らしいと思う」

 ともにホストを務めるクリント・パシージャス氏は「アシュリー・ケリーは、ジョーが背番号を譲ったからポルシェを貰ったんだよ」と指摘。リゾ氏は「でもそれは背番号を譲ったから。彼女がポルシェを貰えたのは、信じられないけど幸運ね」と説明していた。

 米スポーツメディア「ジ・アスレチック」は、1号球が「少なくとも10万ドル(約1500万円)」の価値があるとする鑑定士の見解を報道。一方で、返礼品は、本物だと認証付きなら、それぞれ1000ドル(約15万円)の価値だと説明した。ドジャースタジアム内のストアでは、大谷が放ったファウルボールが1万4995ドル(約230万円)で販売されていることも伝えるなど、キャッチしたファンが受け取った対価が米国で注目を集めている。

(THE ANSWER編集部)


W-ANS


W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
UNIVAS
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集