[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

大谷翔平、待望1号を噛みしめた“控えめの行動”に日本人感動 一塁手前で「痺れた」「泣ける」

米大リーグ・ドジャースの大谷翔平投手は3日(日本時間4日)、本拠地ジャイアンツ戦に「2番・DH」で先発出場。7回に待望の今季1号ソロが飛び出した。観客が総立ちとなった飛距離430フィート(約131メートル)、打球速度105.6マイル(約170キロ)の一発。打った直後に大谷が見せた控えめなガッツポーズに、ネット上の日本人ファンからは「噛み締めてる」「泣けた」といった声が上がっている。

ジャイアンツ戦で打席に立つドジャースの大谷翔平【写真:ロイター】
ジャイアンツ戦で打席に立つドジャースの大谷翔平【写真:ロイター】

本拠地ジャイアンツ戦で遂にドジャース1号

 米大リーグ・ドジャースの大谷翔平投手は3日(日本時間4日)、本拠地ジャイアンツ戦に「2番・DH」で先発出場。7回に待望の今季1号ソロが飛び出した。観客が総立ちとなった飛距離430フィート(約131メートル)、打球速度105.6マイル(約170キロ)の一発。打った直後に大谷が見せた控えめなガッツポーズに、ネット上の日本人ファンからは「噛み締めてる」「泣けた」といった声が上がっている。


【注目】女性アスリートに必要な「栄養と食事」とは? バドミントン松友美佐紀選手と考える、姉妹サイトW-ANS ACADEMY主催の無料イベントを6月16日に開催 詳細はこちら

 苦しかった思いが込められていたのかもしれない。7回に待望の1号を放った大谷。注目は一塁ベースを回る直前だ。軽くバットを投げた大谷は、右手で握り拳を作り、小さくガッツポーズを作っていた。感情こそ大きくは出さなかったものの、観客は総立ち。大歓声の中ホームインした。

 X上の日本人ファンは、このガッツポーズにも注目。「噛み締めるように塁を回ってる」「控えめなガッツポーズ痺れるねん」「こちらもしっかり喜びを噛み締めています」「控えめなガッツポーズが泣けるわ……こっからよこっから!」「あの控えめなガッツポーズにたくさんの思いがあったよね~ もう、良かった~」「あの控えめなガッツポーズに泣けた」などと感動の声が上がっていた。

 大谷の一発で5-3としたドジャースは8回に1点を返されたが、9回を無失点にしのいで5-4で逃げ切り4連勝。大谷は場内インタビューで「なかなか調子が上がらず、焦る気持ち、早く打ちたい気持ちを我慢しながら、自分のスイングをしようと努めていた。何とか一本出て良かった」と安堵のコメントを口にしていた。

(THE ANSWER編集部)

1 2
W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
UNIVAS
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集