[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

大谷翔平、米記者が仰天した1号HRじゃないプレー 相手守備は「完璧だったにもかかわらず…」

米大リーグ・ドジャースの大谷翔平投手は3日(日本時間4日)、本拠地ジャイアンツ戦に「2番・DH」で先発出場。7回に今季1号ソロが飛び出すなど4打数2安打1打点の活躍で、チームは5-4で勝利した。3回の第2打席では、ベースカバーに入った投手との競走に“圧勝”する内野安打。続く4番ウィル・スミスの長打で一塁から激走し、一挙生還となった。米記者は「オオタニの走塁を見るのはとても楽しい」とXにつづり、2つの「完璧」を上回った走塁に仰天している。

ドジャースの大谷翔平【写真:ロイター】
ドジャースの大谷翔平【写真:ロイター】

本拠地ジャイアンツ戦に「2番・DH」で出場

 米大リーグ・ドジャースの大谷翔平投手は3日(日本時間4日)、本拠地ジャイアンツ戦に「2番・DH」で先発出場。7回に今季1号ソロが飛び出すなど4打数2安打1打点の活躍で、チームは5-4で勝利した。3回の第2打席では、ベースカバーに入った投手との競走に“圧勝”する内野安打。続く4番ウィル・スミスの長打で一塁から激走し、一挙生還となった。米記者は「オオタニの走塁を見るのはとても楽しい」とXにつづり、2つの「完璧」を上回った走塁に仰天している。


【注目】女性アスリートに必要な「栄養と食事」とは? バドミントン松友美佐紀選手と考える、姉妹サイトW-ANS ACADEMY主催の無料イベントを6月16日に開催 詳細はこちら

 1-1の同点で迎えた3回先頭の第2打席。相手先発ハリソンの内角球を引っ張ると、一塁へのゴロに。全力疾走で一塁へ向かった。ハリソンは少々ベースカバーに出遅れたこともあり、競走は大谷の完勝。楽々セーフとなった。さらに1死後、4番スミスが左翼線に長打を放つと、大谷が一塁から激走。ジャイアンツ守備陣も中継から本塁へ返球したが、大谷の足が勝りスライディングで生還した。

 このプレーに、米スポーツ専門局「ESPN」のアルデン・ゴンサレス記者は自身のX(旧ツイッター)で「ショウヘイ・オオタニの走塁を見るのはとても楽しい」とつづった。さらに「ウィル・スミスが100マイル超えの二塁打をレフト線へ放ち、(左翼手の)マイケル・コンフロントはコーナーで完璧に対応。さらに中継は完璧だったにもかかわらず、オオタニは一塁から得点してしまった」とジャイアンツの守備が2つの「完璧」を重ねたにもかかわらず、大谷の走塁がそれを上回ったことを指摘している。

 しかも大谷は、スミスの打球が低いライナーであったことから、三塁手の捕球を想定して二塁へ向かう前に一旦ストップ。それでも本塁へ駆け抜けた。1号ソロを含め、観客を魅了。この日の主役の一人になっていた。

(THE ANSWER編集部)


W-ANS


W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
UNIVAS
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集