[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

大谷翔平、三振を喫した相手に“神対応” 記念球にサイン、初登板のジャイアンツ投手「クールだ」

米大リーグ・ドジャースの大谷翔平が、三振を奪われた相手ピッチャーに対して“神対応”をしたようだ。米記者が情報を伝えており、ジャイアンツ投手が「とてもクールだね」と喜びを口にしたという。

ドジャースの大谷翔平【写真:ロイター】
ドジャースの大谷翔平【写真:ロイター】

アビラはMLB初奪三振を大谷からマーク

 米大リーグ・ドジャースの大谷翔平が、三振を奪われた相手ピッチャーに対して“神対応”をしたようだ。米記者が情報を伝えており、ジャイアンツ投手が「とてもクールだね」と喜びを口にしたという。


【注目】CW-Xを川澄奈穂美選手がお試し 運動パフォーマンスを支える「股関節サポート機能」って?(W-ANS ACADEMYへ)

 1日(日本時間2日)の本拠地ジャイアンツ戦。「2番・DH」で出場していた大谷は、7回に相手の4番手ニック・アビラと対戦。アビラはこの試合がメジャー初登板だった。1死二塁から、最後は高めの速球で空振り三振。嬉しい初三振は大谷から奪った事になった。

 カリフォルニア州地元紙「サンフランシスコ・クロニクル」のスーザン・スラッサー記者のXでは、試合後にアビラのコメントが伝えられており「(奪三振は)とてもクールなこと」と喜んだという。さらに同記者は「彼はそのボールを持っており、もしオオタニがサインしてくれるなら、それは光栄なことだと言った」と伝えていた。

 3日(同4日)になり、スルサー記者は同じくXで「ショウヘイ・オオタニはニック・アビラの初奪三振ボールにサインした。『とてもクールだね。正直に言うよ。すでに、その写真を親友5人に送っちゃったよ』とアビラは語った」と報道。大谷の“神対応”を伝えていた。

 大谷は2022年9月のタイガース戦で、野手登板したコディ・クレメンスから三振を奪われ、その後に記念ボールにサインを記したことでも話題になった。MVP2度、前例のない活躍を続ける二刀流はメジャーで羨望の対象だ。

(THE ANSWER編集部)




W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
UNIVAS
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集