[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

5回0封山本由伸は「目立った変化があった」 1回5失点から一変、LA番記者が“修正能力”を指摘

米大リーグ・ドジャースの山本由伸投手は30日(日本時間31日)、本拠地カージナルス戦に今季2度目の先発登板し、5回2安打無失点、無四球で5奪三振と好投した。勝ち星こそつかなかったが、463億円の大型契約に恥じない投球を披露。米記者からは、炎上した韓国での開幕シリーズからしっかり立て直した裏にあった“修正”を指摘している。

今季2度目の先発登板したドジャースの山本由伸【写真:Getty Images】
今季2度目の先発登板したドジャースの山本由伸【写真:Getty Images】

カージナルスとの本拠地初登板で好投

 米大リーグ・ドジャースの山本由伸投手は30日(日本時間31日)、本拠地カージナルス戦に今季2度目の先発登板し、5回2安打無失点、無四球で5奪三振と好投した。勝ち星こそつかなかったが、463億円の大型契約に恥じない投球を披露。米記者からは、炎上した韓国での開幕シリーズからしっかり立て直した裏にあった“修正”を指摘している。


【注目】CW-Xを川澄奈穂美選手がお試し 運動パフォーマンスを支える「股関節サポート機能」って?(W-ANS ACADEMYへ)

 初回に三者連続三振という抜群の立ち上がりを見せた山本。4回まで1安打無失点、4奪三振無四球の快投で、5回のマウンドに上がる前に、雨脚が強くなって試合は中断した。それでも再開後は1安打されながらも無失点でしのぎ、本拠地のファンから喝采を浴びた。

 3月22日に韓国・ソウルで行われたパドレス戦では1回4安打5失点と乱れて負け投手となったが、その汚名を晴らすピッチング。米カリフォルニア州地元紙「ロサンゼルス・タイムズ」のドジャース番ジャック・ハリス記者は自身のX(旧ツイッター)で「ヤマモトは(特にセットポジションのときに)グラブの位置を微調整し、フォームに惑わしを加えていた」「先週の韓国での先発(左)と昨夜(右)。目立った変化があった。ヤマモトの快適さと制球に役立ったとデーブ・ロバーツが考えるものだ」とつづり、2つの登板の比較写真を公開した。

 ドジャース入り後、ネットでは投球の癖が盗まれているという声も上がっていた山本。そうした“雑音”も封じた形となったようだ。

(THE ANSWER編集部)

1 2
W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
UNIVAS
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集