[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

ドジャース逆転勝ちの裏で74年ぶりの珍事 満塁のピンチで発生、ESPN紹介「最後の例は1950年です」

米大リーグ・ドジャースは31日(日本時間1日)の本拠地カージナルスとの4連戦最終戦で、不運に見舞われた。2死満塁のピンチにMLB屈指の強打者から空振り三振を奪ってチェンジ……かと思われたが、球審がこれを“取り消し”。失点を重ね、リードを広げられるという出来事が行った。試合はドジャースが中盤から終盤にかけて4点を挙げて逆転。5-4で勝ってカード3勝1敗とした。

ドジャースのオースティン・バーンズ【写真:Getty Images】
ドジャースのオースティン・バーンズ【写真:Getty Images】

カージナルスとの本拠地4連戦最終戦

 米大リーグ・ドジャースは31日(日本時間1日)の本拠地カージナルスとの4連戦最終戦で、不運に見舞われた。2死満塁のピンチにMLB屈指の強打者から空振り三振を奪ってチェンジ……かと思われたが、球審がこれを“取り消し”。失点を重ね、リードを広げられるという出来事が行った。試合はドジャースが中盤から終盤にかけて4点を挙げて逆転。5-4で勝ってカード3勝1敗とした。


【注目】CW-Xを川澄奈穂美選手がお試し 運動パフォーマンスを支える「股関節サポート機能」って?(W-ANS ACADEMYへ)

 先発右腕ストーンの後を受け、0-2とビハインドの中で6回無死一塁の状況でからマウンドに上がった左腕ベシア。2死満塁から1番ドノバンへの死球で失点し、2シーズン前のシーズンMVPポール・ゴールドシュミットはカウント1-2と追い込み、4球目もストレートで空振り三振を奪った、かに見えた。

 しかし、ゴールドシュミットが球審に何やらアピールすると、三振は取り消され、ゴールドシュミットを一塁に促した。最後のスイングがバーンズ捕手のミットにあたっており、判定は打撃妨害。押し出しの形となり、さらに1点を献上した。

 米スポーツ専門局「ESPN」で全米中継となった一戦で、実況は「(MLB公式の)サラ・ラングス記者によると、あの捕手の打撃妨害は、ドジャースにとっては少なくとも地区制が導入された1969年以降では初となる満塁での打撃妨害だったようです。記録に残っている最後の例は1950年です」と紹介。74年ぶりという極めてまれなケースだったようだ。

 ベシアは続く打者を3球三振に仕留め、この回は2失点どまりだったが、ドジャースにとっては不運な“珍事”だったようだ。

(THE ANSWER編集部)




W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
UNIVAS
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集