[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

5季ぶりVならず「完敗」 パナソニック西田有志が悔しさ露わ「トップには今の努力では足りない」

バレーボールのVリーグ男子1部プレーオフ決勝が31日、東京・有明コロシアムで行われ、レギュラーラウンド(RR)1位のパナソニックは同2位のサントリーに0-3(18-25、35-37、19-25)で敗れ、5季ぶりの優勝を逃した。

プレーオフ決勝に出場した西田有志【写真:中戸川知世】
プレーオフ決勝に出場した西田有志【写真:中戸川知世】

パナソニックは5季ぶりVならず

 バレーボールのVリーグ男子1部プレーオフ決勝が31日、東京・有明コロシアムで行われ、レギュラーラウンド(RR)1位のパナソニックは同2位のサントリーに0-3(18-25、35-37、19-25)で敗れ、5季ぶりの優勝を逃した。


【注目】CW-Xを川澄奈穂美選手がお試し 運動パフォーマンスを支える「股関節サポート機能」って?(W-ANS ACADEMYへ)

 今季新加入でチームを引っ張る西田有志は「負けてしまった。勝たなきゃいけない時に勝てなかった。悔しいという言葉だけ」と厳しい表情のままで話した。

 第1セットは途中からだったが、第2セットはスタートから出場。サントリーのムセルスキーと壮絶な打ち合いを演じた。「流れを変えないといけないと思ったし、それが自分の役割だった」と派手なアクションでファンを沸かせた。ブロックも合わせて、この日チーム最多の18得点を奪った。

 日本代表の中心選手、日本バレーボール界を引っ張る自負もある。移籍初年度はRR1位。「そこまでの結果は出した。ただ、優勝はできなかった」。さらに「来シーズンに向けて、何がダメだったのかはっきりしないとチームの成長はない」と冷静に、そして厳しく言い放った。

 この日、多くの選手が口にした「完敗」という言葉。第2セットは激しく競り合ったとはいえ、第1、第3セットは相手の力に屈した。「トップに立つには今の努力では足りない」。西田はチームの先頭に立って頂点を目指す覚悟で言った。

(THE ANSWER編集部)




W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
UNIVAS
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集