[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

メジャー開幕戦で「身の毛がよだつ」誤審に米記者呆れる ファウルチップのはずが失点「酷い」

米大リーグ・レンジャーズは28日(日本時間29日)、本拠地での開幕戦でカブスと対戦した。2-2で迎えた9回にまさかの形で失点。ファウルチップかと思われたが、球審は空振りと判定してパスボールになり、二塁走者が一気に生還した。米記者も「身の毛がよだつ判定だ」と呆れた反応を示し、ファンからも様々なコメントが集まった。

9回にパスボール判定の隙にカブスが勝ち越した【写真:ロイター】
9回にパスボール判定の隙にカブスが勝ち越した【写真:ロイター】

カブス戦でまさかの出来事

 米大リーグ・レンジャーズは28日(日本時間29日)、本拠地での開幕戦でカブスと対戦した。2-2で迎えた9回にまさかの形で失点。ファウルチップかと思われたが、球審は空振りと判定してパスボールになり、二塁走者が一気に生還した。米記者も「身の毛がよだつ判定だ」と呆れた反応を示し、ファンからも様々なコメントが集まった。


【注目】CW-Xを川澄奈穂美選手がお試し 運動パフォーマンスを支える「股関節サポート機能」って?(W-ANS ACADEMYへ)

 2-2で迎えた9回、カブスの攻撃。2死一、二塁のシチュエーションで、打者マストロブオーニがスイング。ボールはワンバウンドで捕手ハイムのミットに触れ、横に逸れていった。ファウルチップだと確信した様子のハイムだったが、審判はスイングとコール。これに抗議する間の隙を突き、二塁走者ブッシュが一気にホームへ。頭から滑り込み、勝ち越し点を奪った。

 ハイムは納得いかない様子で球審にアピール。スロー映像で見ると、確かにバットに当たっているようだった。米スポーツ専門局「ESPN」のジェフ・パッサン記者はXで「カブス―レンジャーズ戦の本塁上で、なんて身の毛がよだつ判定だ。ファウルが球審によって気付かれず、パスボールと見なされ、9回表にカブスが勝ち越し点を挙げた。酷い」と判定を酷評した。

 パッサン記者は、今回の出来事がリプレー検証の対象外であることも紹介。米ファンからは「自分が見たことを信じられなかった。酷い」「なぜあれがリプレー検証できないの?」「これがリプレー検証対象外なのは意味が分からない」「審判劇場が戻ってきた」「酷い。野球にとって悪いこと」「MLBは恥ずべき」「リプレー検証可にしろ!」などとコメントが集まっていた。

 2-3と1点を勝ち越されたレンジャーズだったが、その裏に代打ジャンコウスキーのソロで同点に追いつき、試合は延長戦に突入した。

(THE ANSWER編集部)

1 2
W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
UNIVAS
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集