[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

日本プロ野球の“苦行”に米国からも同情 まさかの11本連続で「ジーザス」「最大の恐怖(笑)」

プロ野球のオープン戦で起こった珍事が海を越え、米国でも話題になっている。22日にエスコンフィールドで行われた日本ハム―DeNA戦。相次ぐファウルにより、11球連続で全力疾走を強いられたDeNAの牧秀悟内野手は思わず苦笑い。いかにもしんどそうな場面を米メディアが動画で公開すると、「予期せぬ有酸素運動」「最大の恐怖だ(笑)」などと米ファンからも同情の声が寄せられている。

DeNAの牧秀悟【写真:Getty Images】
DeNAの牧秀悟【写真:Getty Images】

日本ハムとのオープン戦で起きた珍事とは

 プロ野球のオープン戦で起こった珍事が海を越え、米国でも話題になっている。22日にエスコンフィールドで行われた日本ハム―DeNA戦。相次ぐファウルにより、11球連続で全力疾走を強いられたDeNAの牧秀悟内野手は思わず苦笑い。いかにもしんどそうな場面を米メディアが動画で公開すると、「予期せぬ有酸素運動」「最大の恐怖だ(笑)」などと米ファンからも同情の声が寄せられている。


【注目】CW-Xを川澄奈穂美選手がお試し 運動パフォーマンスを支える「股関節サポート機能」って?(W-ANS ACADEMYへ)

 汗がほとばしった。0-1で迎えた2回の攻撃。先頭の4番・牧が中前打で出塁すると、打席には宮崎敏郎が入った。対峙するのは先発の伊藤大海。5球目でカウント3-2になると、ここから走者・牧にとって“苦行”が始まった。投球と同時にスタートを切り続けたが、際どいコースを宮崎がことごとくファウルに。何度も一、二塁間を行き来することを強いられた。

 10分間を超える打席は、16球目にようやく決着。宮崎は二ゴロに倒れ、11度目のスタートで牧はようやく二塁に進塁した。「パーソル パ・リーグTV」公式YouTubeも「【牧が汗だく…】伊藤大海『宮崎敏郎に16球も…エゲツないバットコントロールに大苦戦』」と題して動画を公開するなど話題を呼んだシーン。息を切らして何度も往復する不憫な姿には、海を越えた米国からも熱視線が送られた。

 米ポッドキャストメディア「ジョムボーイ・メディア」公式Xが「打者が10球連続ファウルする中、走者がぶっ続けに二盗を狙う」と記して投稿。日本のファンから「アメリカまで届いてて草」「牧のシャトルラン海越えてて笑う」「プーさんの牧くんダイエット打法が世界に届いてしまった」といったコメントが書き込まれた他、米ファンからも同情の声が寄せられた。

「5回を超えた時点で、僕ならもう走らない」
「予期せぬ有酸素運動」
「ジーザス、30回ぐらいに感じる」
「この立場にはなりたくない」
「これは最悪の気分だ」
「野球やっていて最大の恐怖だ(笑)」

 牧はこの後、2死から遊撃手の悪送球の間に生還。試合は3-2でリードしていた9回に、相手の4番マルティネスに逆転サヨナラ3ランを浴び、3-5で敗れた。

(THE ANSWER編集部)

1 2
W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
UNIVAS
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集