[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

大谷翔平が消えたエンゼルス、選手たち最大の心配は「スシ」の有無 キャンプ地の食事を嘆く選手も

大谷翔平投手が米大リーグのドジャースへ移籍し、注目度が大きく下がったのが昨季まで6年間プレーしたエンゼルスだ。今春のキャンプでは様々なものが昨季までとは違ったが、選手が一番気にしていたのは「スシはまだあるか?」だったという。

エンゼルスのマイク・トラウト【写真:ロイター】
エンゼルスのマイク・トラウト【写真:ロイター】

大谷がいなくなると「日本食の安定した供給が滞る」?

 大谷翔平投手が米大リーグのドジャースへ移籍し、注目度が大きく下がったのが昨季まで6年間プレーしたエンゼルスだ。今春のキャンプでは様々なものが昨季までとは違ったが、選手が一番気にしていたのは「スシはまだあるか?」だったという。


【注目】CW-Xを川澄奈穂美選手がお試し 運動パフォーマンスを支える「股関節サポート機能」って?(W-ANS ACADEMYへ)

 米国のスポーツ専門メディア「ジ・アスレチック」が「エンゼルスが、ショウヘイ・オオタニ後の日常に適応する」という記事で紹介している。

 記事はまず「エンゼルスの選手たちはこの春も、日常的に大谷について質問を受けた。しかし、それよりも重要な疑問があった『スシはまだあるか?』だ」と伝えた。

 エンゼルスは毎年春に、選手たちを対象にアンケートを実施。栄養面での要求を吸い上げている。大谷がいなくなったことで「複数の選手が、日本食の安定した供給が滞るのではないかと予測しており『スシはまだ食べられるか』はよく聞かれる質問だった」のだ。

 結論から言えば、スシは残った。さらに「実は大谷はチーム内で最もたくさんスシを食べる選手ではなかった。その称号はマイク・トラウトかローガン・オホッピーのものだろう」と、選手たちの心配は杞憂に終わったとした。

 大谷がいた6年間にエンゼルスのメンバーも大半が入れ替わり、マイク・トラウト外野手が唯一「大谷のいない日常を知る選手」となっていた。実際には大谷が加入したことでスシが増えたり、異なる食べ物がトレーニング施設に追加されたことはなかった。大谷は日本から栄養士を連れてきており、シーズン中はたびたび自分の食事を持ち込んでいた。

 ただ、キャンプの食事で大谷の不在を感じたことはあったという。記事は「昨年、何度か彼がチームのために和牛を持ってきており、複数の選手がそれがなくなったことを嘆いていた」と伝えている。

(THE ANSWER編集部)




W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
UNIVAS
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集