[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

F1角田裕毅の同僚は「最悪のスタート」 英紙が指摘したリカルドの現状「角田が明らかにリード」

現地9日に行われた自動車レース・F1の第2戦サウジアラビアGP決勝で、9番手スタートの角田裕毅(RB)は15位に終わった。一時12位に浮上したが、ケビン・マグヌッセン(ハース)から厳しく寄せられて後退するという不運なフィニッシュ。開幕戦のバーレーンGPから同僚との“バトル”にも注目が集まる中、英専門メディアは角田のパフォーマンスを「英雄的」と称賛した一方で、遅れをとる同僚には「説得力のある勝利を収めなければいけない」と指摘している。

RBの角田裕毅(中央)、ダニエル・リカルド(右)、リアム・ローソン【写真:Getty Images】
RBの角田裕毅(中央)、ダニエル・リカルド(右)、リアム・ローソン【写真:Getty Images】

第2戦サウジアラビアGP終了で異変が見えたRBの“序列”

 現地9日に行われた自動車レース・F1の第2戦サウジアラビアGP決勝で、9番手スタートの角田裕毅(RB)は15位に終わった。一時12位に浮上したが、ケビン・マグヌッセン(ハース)から厳しく寄せられて後退するという不運なフィニッシュ。開幕戦のバーレーンGPから同僚との“バトル”にも注目が集まる中、英専門メディアは角田のパフォーマンスを「英雄的」と称賛した一方で、遅れをとる同僚には「説得力のある勝利を収めなければいけない」と指摘している。


【注目】CW-Xを川澄奈穂美選手がお試し 運動パフォーマンスを支える「股関節サポート機能」って?(W-ANS ACADEMYへ)

 サウジアラビアGP決勝は不運なレースとなった角田だが、予選ではQ3に進んで9番手からのスタートをゲット。バーレーンGPの11番手に続き、ポイントゲットが視野に入るポジションを手にする走りだった。一方で、バーレーンGPでチームオーダーによって角田の前に入る形となった同僚のダニエル・リカルドは、サウジアラビアGP予選でQ2どまりの19位。決勝も16位だった。

 この状況について英専門メディア「ザ・レース」は「2025年のレッドブルF1シートをかけた争いは最悪な形でスタート」との見出しで記事を掲載。ジョシュ・サッティル記者は「ダニエル・リカルドが中堅チームでレースを続けるモチベーションのカギが何であるかは公になっている。レッドブルを十分に感心させ、5年前に立ち去ったポジションに戻してもらうことだ」「しかし、最悪のスタートとなっている」と記している。

 サッティル記者は「リカルドはレッドブルのシートを得るためには、彼(角田)に対して説得力のある勝利を収めなければいけない。しかし、開幕から2週間では、ツノダが明らかにリードしている」と将来のシート争いを展望したうえで、リカルドの“不振”を指摘。予選では角田がリカルドに2連勝していることに触れ「バーレーンではリカルドがツノダより前でフィニッシュしたが、それもチームのオーダーによる追い越しが許可された後のことだった」と振り返っている。

 角田については「ジッダでのQ3で英雄的なパフォーマンスをした」と称賛。レッドブルのモータースポーツ・アドバイザーを務めるヘルムート・マルコ氏が「すぐに何かを考え出さなければいけない」とリカルドについて語ったことも伝えている。

 それでも「そのどれもリカルドの使命の内容を変えるものではない。実際、レッドブルに対して、彼自身が、安定感があり信頼できるドライバーだと示す努力を加速させるだけだ」とリカルド優勢の状況に変わりはないと指摘。「2024年では、彼はまだ実力を見せられておらず、次は母国のメルボルンで証明しなければいけない。それは彼が良く理解している」とリカルドの奮起に期待している。

(THE ANSWER編集部)




W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
UNIVAS
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集