[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

山本由伸、OP戦は防御率8.38で終了 3回5Kの快投→一転4失点「甘く入ったり、制球できなかった」

米大リーグ・ドジャースの山本由伸投手は13日(日本時間14日)、米アリゾナ州グレンデールで行われたマリナーズとのオープン戦に先発し、4回2/3を投げて8安打4失点、7奪三振に1四球の内容だった。降板後、ロッカールームで取材に応じた山本は「ボールをコントロールできなかった」と振り返っている。

ドジャースの山本由伸【写真:Full-Count/荒川祐史】
ドジャースの山本由伸【写真:Full-Count/荒川祐史】

マリナーズとのオープン戦

 米大リーグ・ドジャースの山本由伸投手は13日(日本時間14日)、米アリゾナ州グレンデールで行われたマリナーズとのオープン戦に先発し、4回2/3を投げて8安打4失点、7奪三振に1四球の内容だった。降板後、ロッカールームで取材に応じた山本は「ボールをコントロールできなかった」と振り返っている。


【注目】CW-Xを川澄奈穂美選手がお試し 運動パフォーマンスを支える「股関節サポート機能」って?(W-ANS ACADEMYへ)

 序盤は打者を圧倒した。初回は三者連続三振を奪うなど、3回まで5奪三振、1四球で無失点に抑えた。しかし、4回に3連打で無死満塁のピンチを背負うと、タイ・フランス内野手に左前打を浴びて2失点。続く5回にも2失点を喫し、74球で降板した。

 オープン戦は3試合に登板し、防御率は8.38。カリフォルニア州地元放送局「スポーツネット・ロサンゼルス」公式Xで公開された降板後インタビューで、山本は「甘いところに入ってしまったり、ボールをコントロールできなかった。OP戦では失点もありましたけど、試合での感覚も少しずつ出てきている。来週に向けてしっかり調整したい」と前を向いた。

 山本は21日の開幕2戦目、パドレス戦での登板が予定されている。韓国で迎えるメジャー1年目の開幕。「すごく楽しみにしている。(スプリング・トレーニングは)周りのサポートのおかげで落ち着いて練習できた。しっかりと試合に勝てるように頑張りたい」と意気込んだ。

(THE ANSWER編集部)




W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
UNIVAS
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集