[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

大谷翔平を迎えるソウルは「不法商人の監視も実施」 開幕戦で現れる“パチモン”を当局取り締まり

大谷翔平投手が所属する米大リーグのドジャースは20日、韓国・ソウルでパドレスとの開幕戦を戦う。その舞台となる高尺(コチョク)スカイドームが大リーグの試合に対応するための改修を終え、お披露目された。世界から集まる観客をさばくために、当局は前代未聞の警備体制を敷く。さらに球場周辺での“偽造グッズ”販売も厳しく取り締まる方針だ。

ドジャースの大谷翔平【写真:ロイター】
ドジャースの大谷翔平【写真:ロイター】

20日の開幕戦はソウルで実施…会場の高尺スカイドームがリニューアル

 大谷翔平投手が所属する米大リーグのドジャースは20日、韓国・ソウルでパドレスとの開幕戦を戦う。その舞台となる高尺(コチョク)スカイドームが大リーグの試合に対応するための改修を終え、お披露目された。世界から集まる観客をさばくために、当局は前代未聞の警備体制を敷く。さらに球場周辺での“偽造グッズ”販売も厳しく取り締まる方針だ。


【注目】CW-Xを川澄奈穂美選手がお試し 運動パフォーマンスを支える「股関節サポート機能」って?(W-ANS ACADEMYへ)

 韓国紙「韓国経済」が伝えている。ソウル市のオ・セフン市長が12日、試合会場となる高尺スカイドームを訪れ、施設の状態や安全対策について確認した。

 記事によると「期間を通じて10万人以上の国内外の野球ファンが集まると予想され、ソウル市は安全管理に総力を上げている。警察や消防が協力して人波管理と応急救助などを支援する予定」とされている。

 主催のMLB側が、400人ほどの安全要員をスタジアム内外に投入。これは普段プロ野球が行われる際の3倍を超える規模だという。さらにソウル市と球場があるクロ区、警察なども150人程を追加投入して安全管理を支援するもようだ。

 そして、厳しく取り締まられるのが球場周辺での“偽造グッズ”販売だ。ソウル市が「不法商人の監視も実施する構想だ」と明らかにしており、市当局の関係者は「試合の間、全国から商人が集まってくるかも。警察とともに競技場周辺を中心に取り締まりを徹底する計画だ」と話したという。

 ソウル市は「選手が最高のプレーを見せられるよう」に球場施設を再整備した。市の傘下にある施設公団と、メジャー球団の芝生の状態を管理するグラウンドキーパーが協業し、人工芝を新しく張り替えた。照明もLEDに更新され明るくなり、ロッカーや食堂などの施設も補修された。

 ダルビッシュ有投手がパドレスの開幕マウンドに上がり、山本由伸投手がドジャースの2戦目の先発を務めると発表された。世界中の視線が集まる開幕カードの裏側では、安全な観戦を実現するために様々な努力が続けられている。

(THE ANSWER編集部)




W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
UNIVAS
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集