[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

「誰かが怪我してしまう」 “ピッチ水没”国際大会、勝った米国OGまで苦言「常軌を逸している」

劣悪ピッチで行われた海外サッカーの新設大会に勝利した米国のレジェンドが、運営側に厳しい目を向けた。6日(日本時間7日)の北中米カリブ海と南米の一部代表チームが集まるCONCACAF女子ゴールドカップ準決勝(米カリフォルニア州サンディエゴ)は、米国がPK戦の末にカナダを撃破。ピッチが“水没”したかのような劣悪条件で開催され、決勝に進出した米国のレジェンドは「常軌を逸している」「なぜ中止しないのか」と指摘した。

女子ゴールドカップ準決勝はPK戦の末に米国が勝利した【写真:ロイター】
女子ゴールドカップ準決勝はPK戦の末に米国が勝利した【写真:ロイター】

女子ゴールドカップ準決勝

 劣悪ピッチで行われた海外サッカーの新設大会に勝利した米国のレジェンドが、運営側に厳しい目を向けた。6日(日本時間7日)の北中米カリブ海と南米の一部代表チームが集まるCONCACAF女子ゴールドカップ準決勝(米カリフォルニア州サンディエゴ)は、米国がPK戦の末にカナダを撃破。ピッチが“水没”したかのような劣悪条件で開催され、決勝に進出した米国のレジェンドは「常軌を逸している」「なぜ中止しないのか」と指摘した。


【注目】CW-Xを川澄奈穂美選手がお試し 運動パフォーマンスを支える「股関節サポート機能」って?(W-ANS ACADEMYへ)

 試合直前に降った雨の影響は少なからずあった。ピッチ全体に水が浮き、中央付近ではパスもドリブルもできないほど。前半20分、米国の右からのロングボールに対応したカナダDFジレスはGKへバックパスを送ったが、水たまりで止まった。これに反応した米国FWショウがシュートを決めて先制。2-2でPK戦に突入すると、米国GKネイハーが3人を止めた。3-1で激戦に終止符。なんとか勝利を収めた。

 接触プレーでは、激しい水しぶきが上がるほどだった。これには1996年、2004年の五輪優勝メンバーのジュリー・ファウディー氏がXで反応。「これは常軌を逸している。試合を止めなさい」と苦言を呈した。別投稿でも「なぜCONCACAFはこの試合を中止しないのか。明日プレーすればいい。誰かが怪我してしまう」と安全性に疑問符。代表通算274キャップを誇り、00年から4年間主将を務めたレジェンドは声を上げた。

 米スポーツ専門局「ESPN」によると、米国のトゥウィラ・キルゴア臨時監督も「たぶん、プレーするべきじゃなかったかもね。でも、それは私ではなく主審が決めること」と語っていた。

(THE ANSWER編集部)




W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
UNIVAS
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集