[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

150km超連発で衝撃の侍デビュー大学生2人にファンの勧誘合戦が勃発「うちのドラ1に」「西宮で輝いてみないか?」

野球の「カーネクスト 侍ジャパンシリーズ2024 日本vs欧州代表」第2戦が7日、京セラドーム大阪で行われ、日本代表・侍ジャパンで先発した大学生・金丸夢斗投手(関大)が最速151キロで4三振を奪い、2回を完全投球。続く中村優斗投手(愛知工大)も自己最速に並ぶ157キロで1三振を奪い、1回を完全投球。今秋ドラフト1位候補の逸材2人が衝撃の侍デビューを飾り、ファンを騒然とさせた。

金丸夢斗(左)と中村優斗【写真:小林靖】
金丸夢斗(左)と中村優斗【写真:小林靖】

カーネクスト 侍ジャパンシリーズ2024 日本vs欧州代表

 野球の「カーネクスト 侍ジャパンシリーズ2024 日本vs欧州代表」第2戦が7日、京セラドーム大阪で行われ、日本代表・侍ジャパンで先発した大学生・金丸夢斗投手(関大)が最速151キロで4三振を奪い、2回を完全投球。続く中村優斗投手(愛知工大)も自己最速に並ぶ157キロで1三振を奪い、1回を完全投球。今秋ドラフト1位候補の逸材2人が衝撃の侍デビューを飾り、ファンを騒然とさせた。


【注目】CW-Xを川澄奈穂美選手がお試し 運動パフォーマンスを支える「股関節サポート機能」って?(W-ANS ACADEMYへ)

 ファンもひいきの球団に欲しくなる快投だった。金丸は初球から150キロをマーク。鋭いスプリットも織り交ぜ、初回から2つの三振を奪った。2回も2つの三振を奪い、2イニングをパーフェクト。最速は151キロを記録し、大舞台で衝撃を放った。2番手の中村も負けていない。3回からマウンドに上がると、150キロ台中盤を連発。最速157キロを記録し、1イニングをパーフェクトに抑えた。

 ともに今秋ドラフト1位候補に挙がる逸材。ネット上では「うちのドラ1にぜひ欲しい」「金丸、中村、ドラゴンズに来い」「中村くんも凄い!! 金丸君と一緒にオリックス来ちゃいなよ」「イーグルスに来ないかい?」「金丸と中村2枚取りする方法ないですか」「ドラゴンズでお待ちしてます」「金丸くん、中村くん、西宮で輝いてみないか?」など早くもファンの勧誘合戦が勃発している。

(THE ANSWER編集部)

1 2
W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
UNIVAS
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集