[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

「典型的エンゼルスのプレー」 OP戦で生まれたドタバタ捕球に日米反応、もはや「愛おしい」の声

米大リーグ・エンゼルスは1日(日本時間2日)にパドレスとのオープン戦を行った。飛球を2人がかりで何とかアウトにする珍プレーが発生。MLB公式X(旧ツイッター)は「チームワークが夢を叶えてくれる」とカバーした選手を称えたが、日米のファンからは「典型的なエンゼルスのプレーだ」「エンゼルス、愛おしいよ」とある種“見慣れた”風景でもあると指摘されていた。

エンゼルスのハンター・ドジャー【写真:ロイター】
エンゼルスのハンター・ドジャー【写真:ロイター】

エンゼルス戦でのプレーとは

 米大リーグ・エンゼルスは1日(日本時間2日)にパドレスとのオープン戦を行った。飛球を2人がかりで何とかアウトにする珍プレーが発生。MLB公式X(旧ツイッター)は「チームワークが夢を叶えてくれる」とカバーした選手を称えたが、日米のファンからは「典型的なエンゼルスのプレーだ」「エンゼルス、愛おしいよ」とある種“見慣れた”風景でもあると指摘されていた。


【注目】CW-Xを川澄奈穂美選手がお試し 運動パフォーマンスを支える「股関節サポート機能」って?(W-ANS ACADEMYへ)

 5回1死二塁の場面、一塁後方へのファウルフライを追いかけたのは、大谷に代わって新たに17番を背負うハンター・ドジャー内野手だ。落下地点に入ったかに見えたが、目測を誤りファンブル。落球でアウトを1つ損したかと思われたが、二塁手パリスが右手で何とか捕球。ちょっと慌ただしい形となりながらもアウトにして見せた。

 MLB公式X(旧ツイッター)は「チームワークが夢を叶えてくれる」とこの2人のプレーを紹介。しかしドタバタ劇に「典型的なエンゼルスのプレーだ」「エンゼルスはいつも日常の間抜けな選手のハイライトを作ってる」「去年の17番はもうない」との米ファンのコメントも集まった。

 また日本ファンからは「エンゼルス、今シーズンは、違う」「エンゼルス、愛おしいよ」「相変わらずヒヤヒヤさせてくれるね」「らしいなぁ」「カバー行っててよかったね」と昨年まで見慣れたプレーであるとの反応も集まった。

(THE ANSWER編集部)

1 2
W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
UNIVAS
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集