[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

メジャー最強軍団をたった19球で圧倒した山本由伸に米記者絶賛の嵐「目を見張る」「特別な投球」

米大リーグ・ドジャースに新加入した山本由伸投手は28日(日本時間29日)、米アリゾナ州サプライズで行われたレンジャーズとのオープン戦に初登板し、2回1安打無失点3奪三振と上々のデビューを飾った。昨季ワールドシリーズ王者相手に見せた快投にX(旧ツイッター)上の米記者も絶賛。「圧倒的な2イニング」「スペシャルな投球を持っている」といった声が上がっている。

レンジャーズとのオープン戦で初登板したドジャースの山本由伸【写真:Full-Count/荒川祐史】
レンジャーズとのオープン戦で初登板したドジャースの山本由伸【写真:Full-Count/荒川祐史】

昨季ワールドシリーズ王者相手に2回1安打無失点3奪三振

 米大リーグ・ドジャースに新加入した山本由伸投手は28日(日本時間29日)、米アリゾナ州サプライズで行われたレンジャーズとのオープン戦に初登板し、2回1安打無失点3奪三振と上々のデビューを飾った。昨季ワールドシリーズ王者相手に見せた快投にX(旧ツイッター)上の米記者も絶賛。「圧倒的な2イニング」「スペシャルな投球を持っている」といった声が上がっている。


【注目】CW-Xを川澄奈穂美選手がお試し 運動パフォーマンスを支える「股関節サポート機能」って?(W-ANS ACADEMYへ)

 初回、リーグを代表する強打者のマーカス・セミエン内野手に対し、2-2から96マイル(約154.5キロ)のストレートで空振り三振。2番カーターには中前打を許すも、3番ラングフォードを三ゴロ併殺に打ち取った。2回には4番ロウから空振り三振を奪い、5番ハイムを左飛、6番タベラスをスプリットで空振り三振に仕留めた。予定の2回を19球投げて降板。上々の仕上がりを見せた。

 この快投にX上の米記者も絶賛。米紙「USAトゥデー」のボブ・ナイチンゲール記者は「ヤマモトがレンジャーズを圧倒する目を見張るようなデビュー。次々とストライクを投げ込み、対峙した打者6人中3人から三振を奪った」とつづり、米専門メディア「ドジャース・ネーション」のノア・カムラス記者も「火曜日、ショウヘイ・オオタニがオープン戦デビューで2ラン本塁打を放った。水曜日、ヨシノブ・ヤマモトがオープン戦デビューで圧倒的な2イニングを投げた。ドジャースの新スターたちがデビュー戦で期待に応えた」と記した。

 また「ドジャース・ネーション」のダグ・マケイン記者は「低いリリースポイント、利き手方向への変化、ピンポイントな制球力。ヤマモトの速球はどんなリーグでもプレーできる。昨年、ヤマモトの速球平均速度は95.3マイルだった。それ以上出すこともできる。WBCでは97マイルを計測していた。ヤマモトはスペシャルな投球を持っている」と昨年との比較も出して、この日の投球内容を称賛している。

(THE ANSWER編集部)

1 2
W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
UNIVAS
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集