[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

井上尚弥、弟・拓真の涙のKOに「感動した」 攻撃的スタイル変貌で「一皮むけて評価が変われば」

ボクシングのトリプル世界戦が24日、東京・両国国技館で行われ、メインイベントのWBA世界バンタム級(53.5キロ以下)王者・井上拓真(大橋)が挑戦者の同級9位ジェルウィン・アンカハス(フィリピン)に9回44秒KO勝ちした。昨年4月に王座を獲得し、今回が初防衛戦。リングサイドで見守った兄・尚弥は「感動しました」と称賛した。戦績は28歳の拓真が19勝(5KO)1敗、32歳のアンカハスが34勝(23KO)4敗2分。

弟・井上拓真の勝利を祝福する井上尚弥【写真:山口比佐夫】
弟・井上拓真の勝利を祝福する井上尚弥【写真:山口比佐夫】

WBA世界バンタム級タイトルマッチ12回戦

 ボクシングのトリプル世界戦が24日、東京・両国国技館で行われ、メインイベントのWBA世界バンタム級(53.5キロ以下)王者・井上拓真(大橋)が挑戦者の同級9位ジェルウィン・アンカハス(フィリピン)に9回44秒KO勝ちした。昨年4月に王座を獲得し、今回が初防衛戦。リングサイドで見守った兄・尚弥は「感動しました」と称賛した。戦績は28歳の拓真が19勝(5KO)1敗、32歳のアンカハスが34勝(23KO)4敗2分。

【PR】アベマで日本史上初UEFA EURO 2024全51試合無料生中継! 速報ダイジェストや見逃しフルマッチも無料!

 拳が激しく交錯する試合になった。拓真が挑戦者の圧力をいなす展開。的確にパンチを返していった。中盤は足を止めて打ち合う場面も。決着は9回、接近戦からえぐるように右ボディーを突き刺した。一瞬だけ間をおいてアンカハスが崩れ落ちる。10カウントが取られ、KO勝ちが決まった。雄叫びとともにガッツポーズ。コーナーにのぼった。勝ち名乗りを受ける時には涙。顔をくしゃくしゃにした。

 2階級4団体統一を果たした尚弥を兄に持つ拓真は、昨年4月に兄が4団体統一後に返上したWBA王座を獲得。今回はメインイベントを任された。デビューから変わらず強敵との対戦を求め続け、「過去イチの強敵」とIBF世界スーパーフライ級王座9度防衛を誇るアンカハスとの対戦が実現。当初は昨年11月に開催予定だったが、自身の肋骨骨折で延期に。1か月のリハビリ期間を経て大一番を迎えた。

 決着直後は立ち上がってバンザイした尚弥は、試合後に取材に応じ「(スタイルが)変わりましたね。感動しました」と興奮気味に称賛。この日はベルトを持って入場し、「拓真が持ってくれっていうから持ちました。今日の試合で何かきっかけとして変われる内容だったと思う」と語り、「減量苦から解放されたアンカハスが相手。不安なところもありましたけど、本当に素晴らしい試合だった」と振り返った。

「強気、強気のボクシングだった。拓真のボクシングプラス、必要なところをやってきたと思う。攻撃を強めてディフェンスもする。ディフェンス一辺倒だとアンカハスも乗りに乗ってしまう。攻撃が防御になるので、攻撃が最大の防御だと思う。今日はそういう試合だった」

 拓真は会見で「偉大な兄に比べられる。自分も盛り上げる試合をしたいとずっと思っていた」と吐露。尚弥は「赤の他人なら比べられない。拓真は拓真のボクシングをすればいいと思う。それが今日は良い形で出た。一皮むけて評価が変わってくれたら」と語り、比較される立場に葛藤があるかについては「自分たちはそうでもないですよ。拓真は口ではそう言うでしょうけど、メンタルも強いですし。メンタルが弱かったらとっくにやってられないですよ」と強調した。

(THE ANSWER編集部)





W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集