[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

衝撃TKOの中谷潤人「見ていて楽しい試合をするのがプロ」 バンタム級初戦も「当たれば倒れる感覚」会見全文

ボクシングのトリプル世界戦が24日、東京・両国国技館で行われ、セミファイナルのWBC世界バンタム級(53.5キロ以下)1位・中谷潤人(M.T)が王者アレハンドロ・サンティアゴ(メキシコ)に6回1分12秒TKO勝ちした。日本人3人目の「全勝世界3階級制覇」を達成。次代の26歳最強ボクサーが、転級初戦で日本人にとって馴染み深いWBCのバンタム級王座を日本に取り戻した。戦績は26歳の中谷が27勝(20KO)、初防衛戦の28歳・サンティアゴが28勝(14KO)4敗5分け。

WBC世界バンタム級タイトルマッチ、アレハンドロ・サンティアゴを下した中谷潤人【写真:山口比佐夫】
WBC世界バンタム級タイトルマッチ、アレハンドロ・サンティアゴを下した中谷潤人【写真:山口比佐夫】

WBC世界バンタム級タイトルマッチ12回戦

 ボクシングのトリプル世界戦が24日、東京・両国国技館で行われ、セミファイナルのWBC世界バンタム級(53.5キロ以下)1位・中谷潤人(M.T)が王者アレハンドロ・サンティアゴ(メキシコ)に6回1分12秒TKO勝ちした。日本人3人目の「全勝世界3階級制覇」を達成。次代の26歳最強ボクサーが、転級初戦で日本人にとって馴染み深いWBCのバンタム級王座を日本に取り戻した。戦績は26歳の中谷が27勝(20KO)、初防衛戦の28歳・サンティアゴが28勝(14KO)4敗5分け。

【PR】ABEMA de DAZN、明治安田J1リーグの試合を毎節2試合無料生中継!

 会場は一気に沸騰した。サウスポーの中谷は静かな立ち上がり。王者は3回に右目上をカットすると、中谷の有効打と判断された。4回終了時の公開採点は3者とも40-36で中谷優勢。序盤から低く構えていた中谷は、6回から高く構えるアップライトに変更。変化を加えると遠距離から強烈なワンツーを突き刺し、ダウンを先取した。再開後も猛ラッシュで2つ目のダウン奪取。ファンを満足させるKO劇だ。

 中谷は奪ったばかりのベルトを手に、綺麗な顔で会見に出席した。主な一問一答は以下の取り。

――試合を振り返って。

「タフな選手なのでガンガンくるかなという想定のもと、自分の距離を徹底してトレーナーの指示を受けながら試合を組み立てた。最後はしっかり綺麗に当たったのでよかった」

――憧れのWBCベルトを手にした。

「凄く感慨深いものがありますし、ボクシングに出会えてよかったなっていう気持ちがあります」

――全勝で3階級制覇。

「そこら辺はあまり気にしてはなかった。もちろん勝つつもりでやっていたけど、結果としてありがたく受け止めたい」

――1つめのダウンは右ストレートが入った。

「ワンツーで作戦というかテンポを変えた。ワンツー、ワンツーと言われていて、それがスムーズにいった。リラックスして打てた右ストレートだった」

――最後は右フック?

「効いているのはわかっていたので、そこからうまく入ってくれた」

――序盤は姿勢が低かった。

「ガンガンくる選手なので上体が高いと効いてしまう。低くすれば対応できる。意識して入った。サンティアゴ選手は大きい選手とやる機会が多いと思うけど、僕ほどはいないと思う。距離を遠く感じてくれたと思う。6回はアップライトに構えてワンツー、ワンツーでやってそれが当たった。言われたことを試合で出せたのは、また一つ引き出しを増やせたということだと思うので、また今後も冷静にやりたい。やりづらい相手と感じていたのでコントロールできたと思う」

――珍しく感情が爆発していた。

「素直に嬉しかった。その後にルディ(トレーナー)からラスベガスの試合でも『相手もいることだから』と言われていたので、そこを思い出した。この試合がターニングポイントだと思っていたので、練習もハードに積んできた。喜びは今まで以上に大きかった」

――バンタム級初戦。

「今までとあまり変わらない。減量段階ではちょっと楽ですけど、試合に上がる感覚、パンチのキレはいつも通り。当たれば倒れる感覚だった。階級を変えてこういう結果を出せてよかった」

――適正階級に見えた。

「映像を見返して感じたい。いつも通りパンチのキレはいつも通り。キレを感じながら試合に臨めた。あとはやるだけと思って臨めた」

――引き出しを全部出したわけじゃない。

「引き出し的に2つ。距離を取ってコントロールすること、途中から6回にテンポを上げてアップライトに構えてパンチを出すことをした」

――今後のビジョンは見えたか。

「自信にもなったし、KO負けのない選手にKOできてよかった。ファンも、自分もより上を見られるのかなと。もちろん統一戦もですし、PFP入りすることが目標に持っているので、そこに向けてビッグファイトしていきたい」

――次に狙うベルトは。

「それはキャリアの中で感じることですけど、タイミングがあるので。与えられたタイミングでしっかり良いパフォーマンスを発揮したい」

――自分のボクサーとしての魅力は。

「人それぞれ違うボクシングがあって、違う色があって、見ていて楽しい試合をするのがプロボクサー。僕を期待して待ってくれている人がいればいいなと。バンタム級に上げてより期待する人がいると思うので、それを結果として出せてよかった。

 あまり特徴がないというか(笑)。ここが強いというインパクトはないかもしれないけど、遠近どちらでも攻めて対応できるのが持ち味。そこからどうKOするのかを楽しんでみてもらえれば。歴代の選手に比べられるというか、僕の色を見てもらえれば。歴代にもレジェンドがいるので、また違う中谷潤人のボクシングを楽しみしてほしい。その期待があってこの結果が出てよかった」

――歴代王者と話は。

「(22日の)会見で山中慎介さんには順調そうだねと体調、体重面で声をかけていただいた」

(THE ANSWER編集部)





W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集