[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

松井裕樹の“魔球”は「ずるかった」 あっけなく三振のドジャース主力が脱帽「かなり優秀だ」

米大リーグのオープン戦が22日(日本時間23日)にスタートし、パドレス入りした松井裕樹投手がドジャース戦でさっそく登板。1回を3者連続三振に抑える衝撃的なデビューを飾った。対戦したドジャースのギャビン・ラックス内野手は「ずるかった」と、松井が見せつけた魔球の威力に驚いた様子だ。

オープン戦に登板したパドレスの松井裕樹【写真:Getty Images】
オープン戦に登板したパドレスの松井裕樹【写真:Getty Images】

松井裕樹に空振り三振を奪われたラックスの“敗戦の弁”

 米大リーグのオープン戦が22日(日本時間23日)にスタートし、パドレス入りした松井裕樹投手がドジャース戦でさっそく登板。1回を3者連続三振に抑える衝撃的なデビューを飾った。対戦したドジャースのギャビン・ラックス内野手は「ずるかった」と、松井が見せつけた魔球の威力に驚いた様子だ。


【注目】CW-Xを川澄奈穂美選手がお試し 運動パフォーマンスを支える「股関節サポート機能」って?(W-ANS ACADEMYへ)

 3月20日に韓国・ソウルで開幕戦を戦うドジャースとの対戦で、さっそく真価を発揮した。初回からドジャースが8点を奪う乱戦となり、松井は3回から5番手で登板。今季遊撃のレギュラーを占めると見られているギャビン・ラックスと対戦すると、カウント1-2から縦に鋭く落ちる変化球を振らせ、三振を奪った。

 真ん中低めに落ちていくボールに対し、ラックスはなす術もなく腰砕けのスイングを見せている。さらに試合中継の中でインタビューに応じ、松井について「本当に素晴らしいスプリットを投げてきた。速球も伸びてきて、ずるかった。私が見たところ、彼もかなり優秀だ」とすっかり脱帽の様子だ。

 松井はクリス・オーイングス、アンディ・パヘスからも空振り三振を奪い、この回限りで退いた。

 ラックスは昨春のキャンプで膝を故障し、シーズンを全休したものの、今季はレギュラー遊撃手として起用されるとみられている26歳。同地区のパドレスとは開幕戦をはじめ数多くの対戦が待っている。威力あふれる“魔球”に、今度はどう対応していくだろうか。

(THE ANSWER編集部)




W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
UNIVAS
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集