[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

卓球日本、男子もパリ五輪決定! 完勝女子に続きオーストリア3-0撃破、エース張本→20歳篠塚→16歳松島で盤石リレー【世界卓球】

世界卓球団体戦(韓国・釜山)は21日、男女ともに決勝トーナメント2回戦が行われた。日本は女子がクロアチアに、男子がオーストリアにいずれも3-0で勝利。男女ともに今夏のパリ五輪出場権を獲得した。男子は張本智和、篠塚大登、松島輝空の3人が出場。盤石の戦いぶりだった。次戦の準々決勝では女子がルーマニア、男子が卓球王国・中国とメダルを懸けて激突する。

世界卓球団体戦に出場している張本智和(左)と早田ひな【写真:Getty Images】
世界卓球団体戦に出場している張本智和(左)と早田ひな【写真:Getty Images】

世界卓球・決勝トーナメント2回戦 男子はオーストリアに、女子はクロアチアに勝利

 世界卓球団体戦(韓国・釜山)は21日、男女ともに決勝トーナメント2回戦が行われた。日本は女子がクロアチアに、男子がオーストリアにいずれも3-0で勝利。男女ともに今夏のパリ五輪出場権を獲得した。男子は張本智和、篠塚大登、松島輝空の3人が出場。盤石の戦いぶりだった。次戦の準々決勝では女子がルーマニア、男子が卓球王国・中国とメダルを懸けて激突する。

【PR】MLB中継だけがABEMAじゃない 野球がもっと楽しくなるオリジナル動画3選!

 世界チームランク3位の男子は同10位のオーストリアと激突。第1試合では20歳のエース張本智和がアンドレアス・レベンコと対戦。第1ゲームこそ8-11で落としたが、そこから本領発揮。粘る相手から3ゲーム連取して3-1(8-11、11-7、11-7、11-8)で先勝した。

 第2試合は張本と同学年の篠塚が45歳のレジェンド、ロベルト・ガルドシュと対戦。世界卓球21度目の出場で、2008年の北京五輪で団体4位となった実力者を相手に第1ゲームは圧倒。しかし第2ゲームは9-11と競り負け、第3ゲームも出だしから4連続ポイントを許す展開に。しかしここから逆転。最後は強烈なフォアハンドでこのゲームを取り、第4ゲームも粘り勝ち。3-1(11-4、9-11、11-6、11-9)で五輪出場に王手をかけた。

 続いて松島が第3試合に登場。世界卓球初出場の16歳はグループリーグでチェコ、台湾を相手に2戦2勝と好調だ。ダニエル・ハベソーンと対戦し、第1ゲームから実力を発揮。11-4で先取すると、第2ゲームも11-3であっさり連取。結局3-0(11-4、11-3、11-6)のストレート勝ちで、日本の勝利が決まった。

 男子に先だって行われた女子の2回戦では、世界チームランク2位の日本が同41位のクロアチアを圧倒。早田ひな、張本美和、平野美宇がいずれも3-0のストレート勝ちをマークする盤石の試合運びで8強入りを決めた。これで日本代表は男女ともに8強入り。パリ五輪の団体出場権、およびシングルスの出場枠2つを獲得した。

(THE ANSWER編集部)


DAZN

W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集