[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

三笘薫に悪質タックル&退場の相手DF、人種差別の被害主張に賛否「差別は最悪。でも謝罪は?」

サッカーの英1部プレミアリーグでプレーする日本代表MF三笘薫(ブライトン)が18日(日本時間19日)、シェフィールド・ユナイテッド戦で前半11分に悪質なタックルを受けた。一発レッドで退場となった相手DFメイソン・ホルゲートは、日本時間21日にSNSを更新し、人種差別を受けたことを明かした。コメント欄には「酷いタックルだったが、このような報いを受けるいわれは誰にもない」「あなたは被害者ではない。被害者はミトマだ」など様々な意見が寄せられている。

一発レッドで退場となったメイソン・ホルゲート【写真:Getty Images】
一発レッドで退場となったメイソン・ホルゲート【写真:Getty Images】

三笘へのタックルで退場になったDFホルゲート

 サッカーの英1部プレミアリーグでプレーする日本代表MF三笘薫(ブライトン)が18日(日本時間19日)、シェフィールド・ユナイテッド戦で前半11分に悪質なタックルを受けた。一発レッドで退場となった相手DFメイソン・ホルゲートは、日本時間21日にSNSを更新し、人種差別を受けたことを明かした。コメント欄には「酷いタックルだったが、このような報いを受けるいわれは誰にもない」「あなたは被害者ではない。被害者はミトマだ」など様々な意見が寄せられている。

【PR】MLB中継だけがABEMAじゃない 野球がもっと楽しくなるオリジナル動画3選!

 ホルゲートは前半11分、三笘が左サイドでボールを受けようとしたところに、足を上げたタックルで飛び込んだ。激しい接触で、三笘は苦悶の表情。一度はイエローカードが提示されたが、VARが介入した結果、ホルゲートの右足裏が三笘の左膝を直撃しているとしてレッドカードに変更。そのまま退場させられた。

 危険なタックルは日本のみならず、海外でも批判の的に。試合から2日が経過し、ホルゲートは自身のインスタグラムで「週末にチームメイト、クラブ、ファンを落胆させたことについてだけ謝罪する」と記したが、「でも、ここ48時間は受け止めるのが難しかった…。継続的な人種差別をSNSで受けた…。これがそのメッセージのいくつかだ!」ともつづった。投稿では、ホルゲートに寄せられた心無いコメントの数々も動画でまとめられている。「スポーツや社会として、我々は人種差別に対してもっと取り組まなければいけないし、その行動には責任が伴うべきだ!」と訴えていた。

 この投稿には、かつて在籍したエバートンFC公式アカウントも「人種差別はサッカー界でも一般社会でも許されない。メイソン、我々はみんなあなたの味方だ」と反応。海外ファンからは「本当に最低だ。確かに悪いタックルだった。でも退場処分を受けたのはあなたが初めてではないし、最後でもない。このような人種差別はあってはならない」「誰にでも間違いはある。このような憎しみや嫌がらせを受けるに値する人は誰もいない。ブラザー、強く生きてくれ!」「酷いタックルだったが、このような報いを受けるいわれは誰にもない」と支持する声が多数寄せられた。

 人種差別に対しては非難の声が上がる中で、三笘に対するタックルの悪質性には依然として厳しい意見も。「もちろん人種差別が入る余地はない。しかし、あなたは自分のゲームを認識する必要がある。あなたがこのように攻撃的なことをしたのはこれが初めてではないし、選手の膝に激しいタックルをして、彼のキャリアを終わらせようとするなんて何を考えているんだ?」「あなたは被害者ではない。被害者はミトマだ」「人種差別は最悪の行為。でも、ブライトンとミトマに謝罪できないサッカー選手も同じくらい悪い」とホルゲートの振る舞いの悪さを指摘するコメントもあった。

 ホルゲートの投稿後、所属クラブも公式インスタグラムで声明を発表。「シェフィールド・ユナイテッドは、日曜日のブライトン戦後にホルゲートが人種差別を受けたことについて、強く非難する。我々はメイソンをサポートし、ソーシャルメディア上でこの問題に光を当てたことに喝采を送る。クラブは相応しい団体とともに調査に乗り出す。我々のスポーツに人種差別の入り込む隙間はない」としている。

(THE ANSWER編集部)


DAZN

W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集