[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

大爆発「62」なのに松山英樹が口にした衝撃の反省 米女性レポーター仰天「常軌を逸しているわ」

米男子ゴルフツアーのジェネシス招待は18日(日本時間19日)、カリフォルニア州のリビエラCC(7322ヤード、パー71)で最終日が行われた。7位で出た松山英樹(LEXUS)は9バーディー、ボギーなしの62で回り、通算17アンダー。6打差を大逆転しての米ツアー9勝目をマークした。世界中から注目されたすさまじい追い上げも、試合後のテレビ出演では「内容は3オーバー」と反省の弁。これに米国の女性レポーターが仰天している。

優勝トロフィーを横に、ギャラリーの声援に応える松山英樹【写真:ロイター】
優勝トロフィーを横に、ギャラリーの声援に応える松山英樹【写真:ロイター】

7位から驚異の追い上げ見せるも…試合後には意外な言葉

 米男子ゴルフツアーのジェネシス招待は18日(日本時間19日)、カリフォルニア州のリビエラCC(7322ヤード、パー71)で最終日が行われた。7位で出た松山英樹(LEXUS)は9バーディー、ボギーなしの62で回り、通算17アンダー。6打差を大逆転しての米ツアー9勝目をマークした。世界中から注目されたすさまじい追い上げも、試合後のテレビ出演では「内容は3オーバー」と反省の弁。これに米国の女性レポーターが仰天している。

【PR】アベマで日本史上初UEFA EURO 2024全51試合無料生中継! 速報ダイジェストや見逃しフルマッチも無料!

 この日の松山は出だしから好調で、1番から3連続バーディーを奪うと、後半も10番からまたも3連続バーディーで首位争いに顔を出した。さらに15番パー4では、2打目をピン横20センチにつけるスーパーショットでバーディーを奪うと、ここから16番、17番と三たび3連続バーディー。じつに62というビッグスコアで回り、大逆転を果たした。

 ただ、本人としては決して楽なラウンドではなかったようだ。米スポーツ専門局「CBSスポーツ」がゴルフ専門Xで公開した試合後のインタビューでは「内容は多分3オーバーぐらいだけれども、ショートゲームに助けられてよかったです」とコメントしている。

「コースレコードまであと1打だったが」という問いかけにも「パーフェクトなショットは50~60%くらいでした。それ以外は3オーバーくらいに感じた」と繰り返した。

 司会のアマンダ・レナーさんは「それは常軌を逸しているわ!」と驚き、米国のファンからも「その気持ちわかるわ~」「彼が優勝した時ほど嬉しいことはない!デキ(ヒデキ)は最高だ」「この人を好きにならずにいられない」「私たちと同じだ」といった、驚きや共感の声が多数寄せられていた。

(THE ANSWER編集部)

1 2
W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集