[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

山本由伸の日本人通訳に大食い対決で敗戦 米球団職員が“負傷”で脱帽「もう二度とやらない」

米大リーグ・ドジャースの山本由伸投手、大谷翔平投手らが見守ったチキンウイング(鶏手羽)大食い大会に敗れた球団スタッフが“敗戦の弁”を記した。傘下マイナーリーグのピッチングディレクターを務めるロブ・ヒル氏が「めちゃくちゃになった舌」の画像を公開。山本や山本の通訳を務める優勝者の園田芳大氏との2ショットでは笑顔を見せながらも「多分これはもう二度とやらない」とつづっている。

ドジャースの山本由伸と通訳の園田氏(左)【写真:ロイター】
ドジャースの山本由伸と通訳の園田氏(左)【写真:ロイター】

ドジャース球団スタッフが大食い大会で負った“戦傷”を公開

 米大リーグ・ドジャースの山本由伸投手、大谷翔平投手らが見守ったチキンウイング(鶏手羽)大食い大会に敗れた球団スタッフが“敗戦の弁”を記した。傘下マイナーリーグのピッチングディレクターを務めるロブ・ヒル氏が「めちゃくちゃになった舌」の画像を公開。山本や山本の通訳を務める優勝者の園田芳大氏との2ショットでは笑顔を見せながらも「多分これはもう二度とやらない」とつづっている。


【注目】CW-Xを川澄奈穂美選手がお試し 運動パフォーマンスを支える「股関節サポート機能」って?(W-ANS ACADEMYへ)

 舌に“戦傷”が刻まれていた。日本語で「ロサンゼルス 野球」と記された青いTシャツを着たヒル氏。山本、その通訳の園田氏と並んで笑顔を浮かべた2枚の2ショットとともに、できものが見える舌の写真をXに掲載した。文言には「68本の手羽を食べ、1つの舌をめちゃくちゃにし、数多くの思い出を作った」とつづった。

 ドジャース公式Xが15日(日本時間16日)に公開したチキンウイング大食い大会について触れている様子。動画内では大谷や山本が優勝者を予想したり、自分なら何本食べられるかを英語で回答したりして、日米で話題になっていた。優勝したのは「ヒロ」こと園田氏。球団公式Xはファンからの質問に答える形で「ヒロは69本の手羽を食べて優勝した!」と伝えている。

 1本差で園田氏に敗れたヒル氏だが、「王冠を持ち帰ることはできなかったが、昨年の70本でウイングキングの座はまだ保持している」と“記録”は破られていないと主張。一方で「多分これはもう二度とやらない……」と脱帽し、「人生2回分食べて、チキンウイングはもう十分だ」と大食い大会はお腹いっぱいの様子だ。スプリングトレーニングの舞台裏で珍場面が生まれていたようだ。

(THE ANSWER編集部)

1 2
W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
UNIVAS
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集