[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

日本女子が3-0完勝発進 世界卓球デビューの15歳張本美和は“45歳差対決”制す「本当にホッと」

卓球世界選手権(団体戦)が16日に韓国・釜山で開幕し、グループリーグ女子第1戦で日本がルクセンブルクと対戦。3-0で完勝した。第2試合では世界ランク16位の15歳・張本美和が世界卓球デビュー。1963年7月生まれの60歳レジェンド・倪夏蓮(ニー・シャーリエン)との「45歳差対決」となり、3-0のストレート勝ちを収めた。第1試合では早田ひな、第3試合では平野美宇がそれぞれストレート勝ち。17日のグループリーグ第2戦ではイランと対戦する。

第2試合で勝利した張本美和【写真:ロイター】
第2試合で勝利した張本美和【写真:ロイター】

世界卓球・女子団体戦

 卓球世界選手権(団体戦)が16日に韓国・釜山で開幕し、グループリーグ女子第1戦で日本がルクセンブルクと対戦。3-0で完勝した。第2試合では世界ランク16位の15歳・張本美和が世界卓球デビュー。1963年7月生まれの60歳レジェンド・倪夏蓮(ニー・シャーリエン)との「45歳差対決」となり、3-0のストレート勝ちを収めた。第1試合では早田ひな、第3試合では平野美宇がそれぞれストレート勝ち。17日のグループリーグ第2戦ではイランと対戦する。

【PR】MLB中継だけがABEMAじゃない 野球がもっと楽しくなるオリジナル動画3選!

 日本でいう「還暦」の選手が、世界選手権でまだ中学生の張本と対決した。第2試合では張本が、60歳ながら世界ランク46位の実力を維持する倪夏蓮と対戦。試合前には笑顔で握手を交わした。

 第1ゲームは3-2と張本がリードしたところで、場内施設の不具合によりしばらく試合が中断された。再開後は競った展開に。10-10から張本がフォアハンドで得点すると、最後は倪夏蓮の返球がアウトになり12-10で先取した。

 第2ゲームは張本が積極的な攻めで圧倒。最後はサーブでポイントを取り、11-3で連取。第3ゲームは接戦になったが、フォアハンドでマッチポイントを握ると、最後はバックハンドで11-8。世界卓球デビュー戦の15歳が、45歳差対決でストレート勝ちを収めた。決着後、倪夏蓮は笑顔で握手。健闘を称え合った。

 日本は第1試合で世界ランク5位の早田ひながデヌッテに3-0(11-5、11-7、11-9)でストレート勝ち。第3試合は同18位の平野美宇がゴンデリンガーを3-0(11-2、11-6、11-4)で圧倒し、3人ともストレート勝ちの日本が完勝。世界卓球団体戦の初戦は快勝発進となった。

 試合後の中継コメントで張本は「今は本当にホッとしている。試合終わった直後も、緊張からあまり解けない状態で応援していた。1点取れて嬉しいです」と初々しく語った。「(倪夏蓮対策の成果は)出たと思います。私の大好物の白米をたくさん食べることができ、試合に挑めたので良かった」と笑顔も見せていた。

▼張本と45歳差対決、驚異の60歳レジェンド・倪夏蓮とは

 中国生まれで、同国代表として世界卓球では1983年東京大会に初出場。89年にドイツ、翌年からルクセンブルクへ渡った。2000年シドニーで五輪初出場。58歳で5度目の出場となった2021年の東京五輪では、卓球選手として史上最年長出場となった。昨年7月のWTTフィーダーハビージョフでは女子シングルスで初優勝と衰え知らず。今年1月のWTTスターコンテンダードーハ2024では、女子シングルス2回戦で当時世界ランク19位だった19歳クアイマン(中国)に3-2(11-2、5-11、11-7、6-11、11-6)で勝利している。年齢差は驚きの41歳だった。

(THE ANSWER編集部)


DAZN

W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集