[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

卓球中国No.1女子、155位に敗北の衝撃 番狂わせインドの先輩歓喜「何年も待ち望んだスコア!」

卓球の世界選手権団体戦が16日、韓国・釜山で開幕し、インドが優勝候補筆頭の中国相手に2-3のフルセットに持ち込む大健闘を見せた。第1試合では世界ランキング155位のアイヒカ・ムカルジーが同1位の孫穎莎に3-1で勝利。第2試合でも同49位のスリージャ・アクラが同2位の王芸迪にストレート勝ちするなど、番狂わせを演じた。最終的に逆転負けを喫したものの、母国の元五輪選手も「なんて信じられない朝なの!」「何年も何年も見るのを待ち望んでいたスコア!!」と後輩たちの活躍に歓喜している。

孫穎莎に勝利したアイヒカ・ムカルジー(左)と王芸迪に勝利したスリージャ・アクラ【写真:ロイター】
孫穎莎に勝利したアイヒカ・ムカルジー(左)と王芸迪に勝利したスリージャ・アクラ【写真:ロイター】

世界卓球選手権・団体戦が開幕

 卓球の世界選手権団体戦が16日、韓国・釜山で開幕し、インドが優勝候補筆頭の中国相手に2-3のフルセットに持ち込む大健闘を見せた。第1試合では世界ランキング155位のアイヒカ・ムカルジーが同1位の孫穎莎に3-1で勝利。第2試合でも同49位のスリージャ・アクラが同2位の王芸迪にストレート勝ちするなど、番狂わせを演じた。最終的に逆転負けを喫したものの、母国の元五輪選手も「なんて信じられない朝なの!」「何年も何年も見るのを待ち望んでいたスコア!!」と後輩たちの活躍に歓喜している。

【PR】ABEMA de DAZN、明治安田J1リーグの試合を毎節2試合無料生中継!

 最終的には2-3で惜敗したものの、優勝候補筆頭の中国に冷や汗をかかせた。第1試合では世界ランク1位のエース孫を相手に、同155位のムカルジーが12-10で第1ゲームを先取。第2ゲームは2-11で落としたものの、第3ゲームを13-11、第4ゲームを11-6で連取し大金星をあげた。

 第2試合は同4位の王曼昱に1-3で敗れたものの、第3試合では同2位の王芸迪に対し、同49位のアクラが3-0でストレート勝ち。ムカルジーに続くジャイアントキリングで世界を驚かせた。2008年北京五輪の卓球女子シングルスにインド代表として出場したネハ・アガルワール・シャルマ氏も「なんて信じられない朝なんでしょう!」と自身のXに記して歓喜した。

 投稿には第3試合終了時点のスコアを収めたスクリーンショットを添付。「世界卓球でインド対中国、そしてこれは私たちが何年も何年も見るのを待ち望んでいたスコアだ!! インド女子が2-1でリードしている」と興奮気味につづった。卓球王国相手に白星とはいかなかったが、世界に衝撃を与えた後輩たちの活躍を誇らしげにたたえていた。

(THE ANSWER編集部)





W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集